あにき日記

フィギュアスケート好きのあにきの日記

HOME • Admin • Write • Comment
GPシリーズ2戦が終わりました。

「試合によって点数の出方が違う」とは
よく言われることですが、
実際、どの程度の違いがあり
どの程度、正当な採点がされているか
検証してみようと思います。

幸いなことにGPシリーズには
採点定義の部外者とおぼしき者は参加していません。

GPシリーズを通して数値をデータ化してみましょう。





GPシリーズのリザルトをデータベース化します。
現在は2大会分のみ。
大会終了時に、データを集め、更新していくつもりです。

ISUページからリザルトをコピーしてきて
エクセルファイルにペースト。

SEASON(2013/2014)
GP (G1~G6、Final)
Location(大会) スケートアメリカ、スケートカナダ
Category(カテゴリー) 男子シングル、女子シングル
Segment(セグメント) SP、FS

以上の5つの列(項目)を作ります。

さらに
PCSの基準値・・・単純にPCSの5項目の数値を足し算したもの。
の列を作ります。

リザルトのPCSの数値は、
PCS5項目の合計に「Factor(構成点の加重)」の数値を乗算します。

男子SP PCS基準値 X 1.0
男子FS PCS基準値 X 2.0
女子SP PCS基準値 X 0.8
女子FS PCS基準値 X 1.6

Factorを掛けたままでは比較がしにくいので、
PCSの基準値を算出しておきます。

表の体裁を整えて、データの並び替えをします。

PCS基準値の高い順から、並べてみました。
   
説明だとわかりにくいと思いますので
大きいですが、表を添付します。(クリックで拡大します。)


表の塗りつぶしの色は、ピンクが女子、ブルーが男子。
文字は、黒がSP、赤がFSとなっています。

男女の垣根を取っ払った意味は、

ルール上では、TESの基準点に関係なく
PCSは採点されていることになっているので、
男女でPCSの値に差があるのは、
Factorの違いからくるだけのはずですよね。
PCSの基本値には差が無いはずです。

上の表から、ベスト10だけ書き写すと(数値はPCS基準値)

1、Patrick CHAN(FS) 45.46
2、Patrick CHAN(SP) 44.93
3、Mao ASADA(FS) 43.46
4、Daisuke TAKAHASHI(FS) 43.36
5、Mao ASADA(SP) 42.92
6、Daisuke TAKAHASHI(SP) 42.25
7、Tatsuki MACHIDA(FS) 41.68
8、Akiko SUZUKI(FS) 41.39
9、Ashley WAGNER(SP) 41.32
10、Ashley WAGNER(FS) 41.26

各々選手、出場大会1つの点数なので
今回は、たまたまこのような順位になりました。

男女を分けずにデータを並べたことが無いので
気付きませんでしたが、
こうして、ベスト10に男女が5名ずつ入るということは、
PCS基本値には男子女子の差がないということがわかりました。

そして、PCS基準値は上限があり、最高はもちろん50.00です。
どれだけ、騒ごうが喚こうが、裏街道で客引きをしようが、
50.00以上にはなりません。

ここで、wikipedia「ISUジャッジングシステム」を参照します。

【構成点(PCS)】

構成点は演技審判が以下の項目をそれぞれ10点満点、0.25点刻みで評価し、
その評価数値に項目ごとの加重を掛けて算出された得点の合計点である。
シングルスケーティング、ペア

スケーティングスケート技術(Skating Skills, 略記号:SS)
要素のつなぎ(Transitions / Linking Footwork, 略記号:TR)
動作/身のこなし(Performance / Execution, 略記号: PE)
振り付け/構成(Choreography / Composition, 略記号: CH)
曲の解釈(Interpretation, 略記号: IN)

【構成点の加重(Factor)】

各項目毎の加重は、総合得点を算出するとき、
およそ技術点と構成点が同じぐらいになるようにかけられる。
一般的に、女子シングルやペアの技術点は、
3回転アクセルや4回転ジャンプを取り入れる選手が多い男子シングルより低くなる。




すでにお気づきの通り、赤文字部分のルールは崩壊しています。
TESとPCSの差が半端ない場合もありますし、
女子でも3Aを跳ぶ時代です。(現在は浅田選手のみ)

「6.0採点法」が減点方式であったのに比べ、
「ISUジャッジングシステム」は加点方式だと思ってたのですが、

PCSに、満点(上限)があるということは、
結果的には減点方式と何ら変わりありません。

そして、PCSが、満点に限りなく近づいていることは
ISUジャッジングシステムに限界が訪れつつあるということです。

6.0採点法で問題になった
「自国えこ贔屓」「審判買収」は一向に無くならず
むしろ、盛んに行われているのに、
その正体が「匿名」であるという
「闇でやりたい放題のルール」
それがISUジャッジングシステムです。

「6.0採点法」を闇に葬ったオッタビオ・チンカンタが、
今度は、闇に葬られるべき時がやってきました。

買収されたオッタビオ・チンカンタは、今や、闇市の門番です。
門番におかしな動きがあれば、すぐに、闇市場の連中に消されるでしょう。

だから、ただ立っている、それだけの男です。




さて、話は横道に逸れましたが、
今後も、このデータを取り続けて、
PCSの傾向を読んでいきたいと思います。

GPシリーズ後半に突入したら、
各選手も試合ごとの出来不出来によって、
PCSがどのように変化するかも見えてくると思います。

また、Factorを乗算してもなお、
男子をも上回るPCSを取らんとする女子が
いかに異常な存在(買収価格)であるかも見えてくることでしょう。

それから、このデータベースがあれば、
他の様々な要素も見比べることができます。

拍手[227回]

この記事へのコメント

Name
Title
Mail(非公開)
URL
Color
Comment
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Pass   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

無題

闇市場の連中とは、ISUの黒幕のことですか?日本が負けさえすればいい、負かすのが韓国だろうと、どこだろうとこの際贅沢は言わない、とにかく日本は弱いことにしなくてはいけない、日本を勝たせてはいけない、叩きのめしたいという、まるでフィギュアスケートの名を借りた戦争を連想してしまいます。高橋選手が靴のブレードのビスが外れたのを見て、チンクワンタが笑っていたそうですが、自爆してくれて手間が省けた、とでも思ったのでしょう。地面を這いずり回るムカデのような害虫人間です。
  • by  アスカ
  • 2013/10/28(Mon)01:47
  • Edit

果たしてそうかな?

男女間での要素の違い、演技時間の違いがあるのにPCS評価が男女同じ基準だといえる根拠はどこ?
  • by バルタントモゾウ
  • 2013/10/28(Mon)03:14
  • Edit

参考資料

私のブログでも同様の事を過去にしているので見比べて考えて欲しいね。
  • by バルタントモゾウ
  • URL
  • 2013/10/28(Mon)03:17
  • Edit

もう一つ忠告

>各項目毎の加重は、総合得点を算出するとき、
およそ技術点と構成点が同じぐらいになるようにかけられる。


wikipedia「ISUジャッジングシステム」
のこの説明に関しては、ISUの公式文章の中では、この文章を裏付ける記述は見当たらない。

この部分に関しては独自見解として見た方が良いね。
  • by バルタントモゾウ
  • URL
  • 2013/10/28(Mon)03:24
  • Edit

無題


>男女間での要素の違い、演技時間の違いがあるのにPCS評価が男女同じ基準だといえる根拠はどこ?

PCS評価が男女違う基準だといえる根拠が見当たらないですね。

ショート・プログラムは、演技時間は男女同じ、要素もほぼ同じです。
1.演技時間は2分50秒で男女一緒
2.エレメンツ7つ(ジャンプ3つ、スピン3つ、ステップ1つ)で男女一緒

a. 男女の相違点で大きく異なるところは、男子は、2種類の4回転ジャンプを1つずつまで組み込
   めるが女子は最高でも3回転までに制限されている → ルール上の文言を集約すればそうなる
 (女子が4回転を跳べる能力の有無に関わらず、試みれば罰則されてしまうと言うこと)

b. スピンは男女で要求事項が若干異なるがその基礎点においては極小差に過ぎない

c. 上記により男女間での基礎点数合計のレベルに大きく差異が生まれる

3.生採点値に乗数(男子は1.0 女子は0.8)を掛けて最終的なPCSを求めている

◆ つまり、男女間において同じ演技時間、ほぼ同じ要素内容でありながら乗数にて補正し合うと言う
  ことは、生採点値のままでは、意となるPCS値には成り得ないが故に乗数掛けを持って補ってい
  る。意と成るPCS値とは、採点大綱の2大評価のTES(技術点)とPCS(演技構成点)を出
  来るだけ互角の価値に位置づけることにある。
  よって、PCSの生採点値は、男女ともに同じ定規で差し測られていると考えるのが妥当ではない
  でしょうか。

>各項目毎の加重は、総合得点を算出するとき、およそ技術点と構成点が同じぐらいになるようにかけられる。
 
 ISUの公式文章の中では、乗数を掛ける理由や乗数値自体の出所の説明が一切なされていないと
 言う極めて不自然なかたちで取り扱われています。
 ISU見解が示されているところに独自の解釈を持って来てこそ、独自見解と言えるが、ISUが
 何も示せていないのに独自見解なんて言える訳がありません。

◆ 大事なことは、ブログ主さまの所見が、独自見解の否かどうかではなく、「正論である」と言う
  ことです。
  • by 神
  • 2013/10/29(Tue)00:53
  • Edit

神さんへ

論理の矛盾点から

>ISU見解が示されているところに独自の解釈を持って来てこそ、独自見解と言えるが、ISUが何も示せていないのに独自見解なんて言える訳がありません。<

ISUの見解が示されていないのに、さも、見解が示されているかのごとく書いている事が独自見解なのですよ。
ウィキペディアのほうでも注意書きがしてあるのをお読みになられてい無いようですね(笑)

SPのほうに関しては、当方ブログでも乗数については記述していますよ。(笑)

FSについては指摘していない理由はなぜかな~~?

都合が悪い部分はスルーですか?

こちらのブログ主さんと同じ様な形でワールドの分析を今年の2月にしています。

http://blogs.yahoo.co.jp/barutantomozou/33958408.html

上の記事から数回のシリーズになっています。

>採点大綱の2大評価のTES(技術点)とPCS(演技構成点)を出来るだけ互角の価値に位置づけることにある。 <

この文章の出典をISUの公式文章からお示し下さい。

選手によって、TESの基礎点自体が変化をします。
また、GOEも変化をします。

これらの変動要素を予測して、全ての選手に対してTESとPCSの点数が同じになるようにする事は事実上不可能です。

FSに関して言えば、演技時間数と要素数から言えば、女子の方が一つ一つの要素をこなすための時間は短くなります。
詳細はこちらをお読み下さい。

http://blogs.yahoo.co.jp/barutantomozou/33960835.html?type=folderlist

それでも同じ基準で見ているといえるのでしょうかね?
  • by バルタントモゾウ
  • URL
  • 2013/10/29(Tue)02:11
  • Edit

神さんへ

もし独自見解でないというのであれば、ISUの見解だという事になります。

ならば、ISUの見解だと証明できる資料をご提示下さい。

独自見解というのは、
1.公式な見解がある場合には、その見解と反する場合。

2.公式な見解が無い場合は、全ての見解が独自見解となります。

お間違えの無い様に。

では証明のほうをよろしくお願いしますね。

それから

>大事なことは、ブログ主さまの所見が、独自見解の否かどうかではなく、「正論である」と言う ことです。 <

あなたが、正論だと考えていても、私は間違っていると思うからコメントを入れています。

論理の筋として正しいといえるのかどうかだけです。

それから、新採点システム当初の男女の違いで言えば、女子にはスパイラルがありました。

もう少しPCSの各評価項目の評価要素をお勉強された方が良いですね。

  • by バルタントモゾウ
  • URL
  • 2013/10/29(Tue)02:30
  • Edit

バルタンさんとやら

他人のブログのコメント欄を利用して、人気のないご自分のブログに誘導しようとするのは、とてもみっともないですよ。
あなたの魅力のない独りよがりで偉そうな文章を見たら、あなたのブログを読んだり、議論をしたくなくなるのも当然です。それにあなたの主張はISUやジャッジを正当化するための議論でしかありません。体制にすりよって、偉ぶるのがお好きなんですね。
ご自分のブログは閑古鳥が鳴いていても、お仲間同士で盛り上がる場所があるんだから、そこでくだを巻いていればいいじゃないですか。
採点に異議を唱える人々を折伏することによって自分は正しい、自分は賢い、自分は偉いと主張したいのでしょうけれど、それならいっそ、ちゃんと講習でも受けてジャッジになられたら、いかがですか?
実際にジャッジなられたら、あなたにもスケート界の本当のところがわかるのでは?
  • by tubuP
  • 2013/10/29(Tue)15:06
  • Edit

tubuPさんへ

私はジャッジを信頼しているからジャッジになる必要は無いよ。
ジャッジの採点が正しいと思っているのでね。

貴方の方がジャッジになる事をして見たら良いのじゃないの?

ジャッジが間違っていると思うのならその資格をとってから反論すれば良い事だよね。

間違ってもジャッジを支持している私がジャッジの資格を取る必要性は無いんだよ。

ISUが気に入らなければ君たちで、新しいフィギュア団体を作ってルールを決めれば済むことさ。(笑)
  • by バルタントモゾウ
  • URL
  • 2013/10/29(Tue)18:27
  • Edit

神さんへ

貴方が説明している通り
>ショート・プログラムは、演技時間は男女同じ、要素もほぼ同じです。<

では女子には(・・?)ナゼ?係数の0.8をかける必要があると思いますか?

男女同じ基準で見ているのであれば、10点満点性なのですから係数の必要性は無いはずです。

男子のスピードにはどうあがいても女子は勝てない。

男子の筋力には女子はどうあがいても勝てない。
筋力が弱いということはターンなど、動作の反転速度などが落ちるということです。

この男女の筋力差は科学的に証明されています。

男女同じ基準で見るという事はそういう速度面も含めて男女同じレベルで評価をするということなのです。

係数をかける必要性はどこにあるのでしょうか?


>PCSの生採点値は、男女ともに同じ定規で差し測られていると考えるのが妥当ではないでしょうか。<

この考え方の間違いが発生しているもとは、

>意と成るPCS値とは、採点大綱の2大評価のTES(技術点)とPCS(演技構成点)を出来るだけ互角の価値に位置づけることにある。<


ここにあります。
基準が技術点をベースで決められていると考えているからです。
まずこの考え方を離れて考えて見ましょう。

TESとPCSはなるべく独立して評価しようというのが、ISUの方向です。

だからウィキペディアの記述は独自見解だといっているのですよ。

策定当初の考えだとして考えて見ましょう。
04-05シーズンアメリカ大会SPトップ安藤選手

TES(VB) 29.9 GOE -0.1 合計 29.8

PCS合計 23.84

23.84/0.8=29.8 と計算上はなります。

では、TESの合計を先にして、その数値を各ジャッジに連絡してからPCSを決めたのでしょうか?

この考え方の問題点は、まずTESが先にあって、それが決まらないとPCSを決められないということです。

ウィキペディアの記述に関しては、冷静に良く考えなおしてくださいね。
  • by バルタントモゾウ
  • URL
  • 2013/10/29(Tue)19:31
  • Edit

バルタンなんとかさん

>意と成るPCS値とは、採点大綱の2大評価のTES(技術点)とPCS(演技構成点)を出来るだけ互角の価値に位置づけることにある

これって、単純にTESとPCSそれぞれに「満点」があるとして、その内訳を1:1にて比重を同じくしようってだけで、「点数が同じくらいになるように」という意味ではないですよね?

>23.84/0.8=29.8 と計算上はなります。

この計算は意味ないのでは?
  • by もっちゃん
  • 2013/10/29(Tue)19:58
  • Edit

もっちゃんさんへ

>TESとPCSそれぞれに「満点」があるとして、その内訳を1:1にて比重を同じくしようってだけで<

この部分の考え方に問題がある事は既に指摘済みです。

まず、TESの満点をどう設定するのか?
PCSは最初から50点満点です。

ちなみにもっちゃんさんはこの2004年当時の基礎点に基づいて最高難度の技の組合せが何点になるかSPでも良いから計算をされましたか?

女子の場合にそれが40点が上限となり、そこからPCSを0.8掛けにしたのかどうかの検証が出来ます。

なお当時の要素は8個です。
同様に男子の計算もして50点になったのかどうか?

いずれにしても、技術点と演技構成点の価値を等しくしようという考えで設定したというような記述は2003年の新ルール発表時の文章には見当たりません。

ご存知ならばお教え下さい。
必要なのはISUの正式見解の資料です。

私はこの設定はISUが自画自賛するほど、きちんと裏づけのある数値だとは思っていません。

ですから、1対1にしようとしたとも思っていません。

むしろ、IOCににらまれていたのでよりスポーツ的にTESを重視する方向で策定したと考えています。

PCSをTESと等価で重視するのであれば、ソルトレークと同じ事が起きる懸念が高いからです。

いくらなんでもそんな馬鹿な設定はしなかっただろうと思っています。
  • by バルタントモゾウ
  • URL
  • 2013/10/29(Tue)20:27
  • Edit

バルタンなんとかさん

必死過ぎて気持ち悪いよ。そーゆー考えもあるのねーで済ませればいいのに。自分のブログに、好きなだけ書いていればいいのに。
私の近くに貴方のような方がいなくてよかったと思います。
採点を教鞭なさる前に、人に伝えるにはどうしたらいいかを学ばれる方がよいのでは。文章だけで、不快ですよ。
  • by 通りすがり
  • 2013/10/30(Wed)00:46
  • Edit

バルタン…笑

何言ってるんだか。笑
他のブログと荒らし方が同じだし。笑
要は各論に持ち込みたいんだよね。

頑張れバルタン!
でも、頑張るのは自分のブログで頑張りなよ。笑
  • by りう
  • 2013/10/30(Wed)02:17
  • Edit

論理の甘さを

指摘しているのだから、ソン部分に甘さが無い事を反論してくれば良いのに、そういうコメントを入れる人は少ないね~~。

やっぱりにわかの集まりか(笑)
  • by バルタントモゾウ
  • URL
  • 2013/10/30(Wed)06:23
  • Edit

バルタンなんとかさん2

私は、神さんの言わんとしていることが「TESとPCSの比重を近づけようとしている」のではないか?と言っているだけです。
ISUの公式文書にそういう記載がないのであれば、もしかしたらその認識は少し違うのかもしれません。

そもそも今のルールで問題なのは、一番客観性をもっている「基礎点」がないがしろにされ、根拠のないGOEとPCS、回転不足判定が暴走しているように見られる、そしてそこに恣意性が加味されやすい、ということでしょう。

明らかに足りたないジャンプの回転不足を見逃したり、その逆もある。
ある時からある選手のGOEとPCSが発狂し出した。やってることは全く変わっていなく、むしろ昔の方がクオリティが高かったのにも関わらず。

こんな状態でジャッジ、採点を信じろなんて無理があって当然でしょう。

採点競技は人が判定するものだから、どうやったって好みが反映される。でもスポーツであるならば、その好みが反映される余地を出来るだけ狭めることが大切だと思いますよ。
GOEをもっと少なくして基礎点を凌駕しないレベルにする、回転不足も、1/4以内かどうかを正しく判定なんてとうてい無理なんだから、GOEで引くのみにする。PCSも、あんな多くの項目を一瞬の演技の中で判定するには無理があるから項目を減らす、などなど。
客観性を高め、見た目と点数とのあまりにも違う出方を少しでも是正し、見る側にも解りやすくする。
改善すべき点はいくらでもあります。
  • by もっちゃん
  • 2013/10/30(Wed)07:36
  • Edit

バルタンなんとかさん

そうなんですよ。にわかなスケートファンなんですよ私は。
私みたいに細かいルールが分からなくて、こうやって個人のブログを見て知識を仕入れるにわかファンの方が多いのは知ってますよね?
以前、あなたのブログも見たことありますけど、気持ち悪かったです。怨念にも似た文章で、他のブロガーさんに絡んでて。
あなたが正しいと思う持論とデータ解析してらっしゃるんだろうけど、あんな文章書かれてる間は浸透しないでしょう。
あなたが一番解っているんじゃないですか?何故固定の人間しか賛同しないのか。
広めたいなら、喧嘩ごしに見える挑発的な書き方しなきゃいいのに。にわかでも、日本人で社会人なら誰でも知ってる対話スキルですよ〜(´・_・`)
もっと柔軟に説き伏せられたら、私のようなにわかでも取り込めたかもしれないのに残念でしたね。

管理人様、スペースお借りしてすみませんでした。ロム専でしたが、バルタンなんとかさんが暴れてらしたのでつい。
データ解析楽しみにしています。
  • by 通りすがり
  • 2013/10/30(Wed)10:16
  • Edit

バルタン、あんたって

まだ、ここやってたのね。

それにしても、バルタン君、理解力ないね~

ジャッジが正しい、って言い張っているけど、
ジャッジでもない、ISUの関係者でもない、
なんでもない素人のあんたが、恣意的にデータを振りかざして、クソ採点システムを擁護したところで、誰も説得されないってことよ。

ジャッジにでもなれば、少しは説得力が出てくるんじゃないのって、忠告ですよ。

こちらはISUがクソで、ジャッジがぼんくらだと思っているんだから、そんなものの仲間になるわけないじゃん。ジャッジになんか、なる必要ないんだよ。

そのくらいのことも、わからないん? 論理とか以前の話でしょ? ブブブ


  • by tubuP
  • 2013/10/30(Wed)20:57
  • Edit

tubuP君へ

>こちらはISUがクソで、ジャッジがぼんくらだと思っているんだから、そんなものの仲間になるわけないじゃん。<

これではジャッジよりも見る目が確かであるという証拠にはならんな~~。(笑)

ISUのルールは否定し、かつジャッジの判断も否定するのなら、いっそのことフィギュアの大会は見ない方が君のためだね。

スポーツは主催する団体の決めたルールで競うもの。

それが気に入らなければ自分で好きなルールを作って使える団体を作れば良いことだよ。

私のデーターはISUのデーターをそのまま利用している。

どこにも恣意的要素は入れていないよ。(笑)
嫌いな選手の出ている大会のデータは使わないというのが、恣意的操作なんだよ。

おばかさんだね~~。数学を中学からやり直しなさい。(笑)
  • by バルタントモゾウ
  • URL
  • 2013/10/31(Thu)04:19
  • Edit

底が割れたね

”スポーツは主催する団体の決めたルールで競うもの。”

って、へっ、そこがあんたの限界だね。

あんたの価値観は、主催団体マンセー前提でしかないことがわかったじゃん。

主催団体ったって、所詮、人間でできているんだよ。当然に、批判の対象じゃん

今のフィギュアみたいに、最近になって、特定のグループの人間がシステムもルールも大改変しちゃったようなスポーツなら、主催団体批判、ルール批判が出て当然なんだよ。

なんだか、小学生の頭のまま、みたいだね。
おばかさんだね~。

採点批判っていうのはね、
現在ISUを牛耳り、採点システムをいじくっている連中が、公正で、公平で、フィギュアというスポーツを発展させるに足ることをやっているのか、っていう問題提起なんだよ。

そんなこともわかんないで、数字ばっかいじくって、ごくろうさん。


  • by tubuP
  • 2013/11/01(Fri)15:49
  • Edit

無題

はじめましてバルタントモゾウ様 偉そうなコメントになってしまうこと最初に謝ります、失礼を承知でずっと思っていたことを伝えさせてください。兄貴様、場所をお貸しください、すみません。いろいろなブログ等でバルタントモゾウ様のコメントを読ませていただいています。貴方様のブログも拝見させていただきました。しかしながら理系の方だからでしょうか?こちらへの書き込みもそうなのですが時に相手を見下したような書き方が目立ち、喧嘩を売ろうとしているような言葉使いも目立ちます。すみません、他の方だってそうだろう?と思われいると思いますが、私が楽しく拝見しているいくつかの場所でバルタントモゾウ様のコメントを頻繁に読む機会がありましたので勝手に身近な存在になってきておりますのでバルタントモゾウ様だけにコメントする事をお許しください(^^;どの言葉がそうなのかは頭の良い方ですのでおわかりになると思います。文章の書き方も読み手には堅く読み続けることが難しいと思われる場合もあります。でもそれがでもバルタントモゾウ様のスタイルであるのは百も承知しております。しかしながらその辺を工夫されればもっと建設的なやりとりが可能ではないかと思うのです。年齢的にもかなり人生経験を積まれたベテランさんですよね、どうぞスタイルにもっと幅をもたせ、相手の考えを尊重されてみてもよいのではないでしょうか?どこへいっても必ず最後に喧嘩になってしまう、これを全て相手のせいにされてしまうのはいかがなものか、本当にもったいないといつも思っておりました。穏やかな文章や言葉のやりとりを好む人は大勢おりますので相手のブログのスタイルに合わせるなどぜひ工夫なさってみてください。バルタントモゾウ様の分析は1つのアプローチとして私はすごいなあと思っております。真実は現場の人しかわからないと私は思っています。なのでどんな説も私は素直に読むようにしています。すみません、ここからは冗談ですがバルタントモゾウ様はビシッとハッキリ指摘してくれる女性に弱いですね(^^)
  • by ぽいずん
  • 2013/11/01(Fri)19:53
  • Edit

ぽいずんさんへ

>こちらへの書き込みもそうなのですが時に相手を見下したような書き方が目立ち、喧嘩を売ろうとしているような言葉使いも目立ちます。<

見下して書いているから当然ですよ。(笑)

>現在ISUを牛耳り、採点システムをいじくっている連中が、公正で、公平で、フィギュアというスポーツを発展させるに足ることをやっているのか、っていう問題提起なんだよ。<

こういう事を書く人間の集まりだからね。
まず、この上の文章の
>現在ISUを牛耳り、採点システムをいじくっている連中が<

本当にいるのかどうかの論理的な証明がない。
状況から憶測で判断しているだけの意見にしか過ぎない。

>公正で、公平で、フィギュアというスポーツを発展させるに足ることをやっているのか、っていう問題提起なんだよ。<

現行ルールが完全なものではないといういのは当たり前。

時代とともに選手のレベル自体が上下する。
そういう変動要素を、長年の経験からよく吟味し手作られているルールである事は間違いがない。

そこに異を唱えるのであれば、自らが代案となる素案のルールの提起が無ければならない。

その場合にあらゆる想定が出来ているものでないといけない。

そういう部分まで出来た上での批判記事なら、大勢を巻き込んでも意味があるのだけれどね。

結局は感情論にしか過ぎず、浅田選手や高橋選手が引退した後まで続く活動とは思えないのでね。

一過性の特定選手ファンによる問題提起は、害にはなっても、フィギュアスケート界にとっては何の利益も持たらさない。
  • by バルタントモゾウ
  • URL
  • 2013/11/01(Fri)20:49
  • Edit

バルサン

アニキ様 こんにちは。

風の便りで?バルサンの被害を耳にしました。

子供ですね。わーい。ここのみんなは、僕の相手をしてくれるよー
と喜んでいるようです。理屈理論より、相手にされているという自己満足感が一番の目的のような流れです。

大変気に入って入り浸りのようですが、バルサンの幼い行動に便乗して、擬態上手な輩が紛れ込んでくることの方が危ないと危惧します。一見まともに読めても、よく読むと少しの悪意が込められたりするものなど。
某ブログでも沢山潜んでいますから。
小物の相手も程々がよろしいかと。

ある程度纏めてバッサリ削除されても良いと思います。
すでに、バルサンのコメント欄になりつつあるようで、それこそバルサンの越権行為です。
バルサンの猛襲は、アニキ様のプログが、素晴らしいという事でもありますけれど。

長々と失礼しました。
PCSの件は、ずっと気になっていました。数値化して下さりありがとうございます。女子は8掛けと云うルールの存在が、誰かを優遇させるもしくは、あからさまに大きな差を付けたものへ目くらましのように思えます。

例えば
全て10点のものが、合計表示では50点→40点
(だれも、満点にも気づかないし、男子より低いという印象を与えることができます)
全て9点のものが、合計表示では45点→36点
(実際は全てにおいて5点という大きな差を付けられているのに、合計では4点です)
全て8点のものが、合計表示では40点→32点

たいていのルールを知らない人から見れば、何とも微妙で巧みな印象操作だと思います。
それで、ほぼほぼ満点もらっている人いますよね。流石に48点とかでたらヤバイのでとても都合の良い目くらまし以外の何物でもないと思いました。(私も最近このルールを知った素人ですみません)

兎にも角にも、イメージも悪くなりますし、過去コメントがある限り、また新たに反論コメントを書いて下さる方もおられるでしょう。(決して悪いことではないのですが)
それでもやはり、負のスパイラルに陥ってしまいますので。
お節介コメントで大変失礼しました。

とある所でご一緒の縁で、アニキ様が始められたらブログを知りました。
また、あのお庭でご一緒できること楽しみにしております。
では、これにて失礼します

(バルサンには反応しませんので。のれんに腕押し、馬に念仏になるような行為は控えて下さいね)
  • by something
  • 2013/11/02(Sat)13:03
  • Edit

somethingさんへ

>(バルサンには反応しませんので。のれんに腕押し、馬に念仏になるような行為は控えて下さいね)<

ぎゃははははははは _(__)ノ彡☆ばんばん!

こういうコメントを入れている段階で既にスルーができていないという事だよ。

私のコメントには直接反応しないだけで、結局は私の事に触れている。

こういうのを論理矛盾というのだよ。
  • by バルタントモゾウ
  • URL
  • 2013/11/02(Sat)13:45
  • Edit

お礼に

ぎゃははははははは _(__)ノ彡☆ばんばん!
  • by something
  • 2013/11/02(Sat)14:24
  • Edit

カウンター

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

モバイル「あにき日記」

ブログ内検索

プロフィール

HN:
あき
HP:
性別:
男性
職業:
アパレル系
趣味:
音楽鑑賞

忍者アド


忍者アド

忍者アナライズ

my favorite figure skating


AmazonStore
by amanatu

ブログ村リンク


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 兄弟・姉妹・親戚(家族)へ
にほんブログ村

今日のまろん


glico


グリコネットショップ

glico & FIJI Water


glico "Hesperidin"αGヘスペリジン

FIJI Water
ミネラルウォーター 通販 水

Yoroshikarou


アクセス解析

Copyright ©  -- あにき日記 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS /  /