あにき日記

フィギュアスケート好きのあにきの日記

HOME • Admin • Write • Comment
二流だか、三流だか、
通常、ゴシップが本流の週刊誌が
こんな思いやりのある記事を書くこともあるんだな。

相変わらず、名前のない謎の人物が登場しているが。



NEWSポストセブン
世界選手権6位で叩かれた浅田真央 既に母の病状悪化してた


~登場人物「浅田家を知る人」~
12月9日早朝、肝硬変のために名古屋市内の病院で亡くなった浅田真央(21)の母・匡子さん(享年48)。実は20年にもわたる闘病生活だった。

2011年にはいって匡子さんにはあまりにつらい宣告がなされた。医師から「肝臓移植をしなければ、次のオリンピックまで生きていられないかもしれない」といわれたのだ。

あまりのショックから激やせした真央。2011年4月の世界選手権には、キム・ヨナも出場。バンクーバー五輪以来の直接対決と話題を呼んだが、結果は安藤美姫(23)が金メダルでキム・ヨナが銀メダルなのに対して、真央は6位と惨敗。「原因はやせすぎたこと」「体調管理がなっていない」などとバッシングも受けた。しかしひと言もいい訳することなく、母の病について決して明かすことはなかった。

その後、匡子さんは肝臓移植を受けているが…。

「(姉の)舞ちゃんや真央ちゃんの肝臓ならベストだったのでしょうが、匡子さんが“大事な娘の体にメスは入れられない”と強く拒否したんです」(浅田家を知る人)

そんな匡子さんのために、一家全員で、病と闘った。真央が練習場近くに借りていたマンションには母に代わって父が一緒に暮らすようになった。芸能事務所を辞めた舞も真央のサポートに尽力した。リンクにいる真央を心から愛した母のために、まず最優先すべきことは、真央がフィギュアスケートに打ち込める環境を作ることだった。

そして病院では、つききりの看病もある。真央もできる限り母のそばにいたいと思っていたが、匡子さんが許さなかった。「真央にはスケートがあるでしょ!」といって。

父と姉の負担を減らすためにも、練習以外では、なんでもひとりでできるようにならなければならなかった。練習の合間に自動車教習所に通って、免許を取得。これまで母が送り迎えしてくれていたが、移動は全部自分で運転して行くようになった。

父と姉が、病院に行っていて、マンションにいないときも増えたのだろう。練習帰りにコンビニ弁当を買って帰る真央の姿も頻繁に目撃されるようになった。

そしてちょうどそのころ、真央は「ひとりでお寿司屋さんに行ったんです」と明かしたり、「初めて新幹線にひとりで乗ったんです」などと、「ひとりで」を強調するようになった。

「匡子さんに心配かけたくなかったんでしょう。“私は大丈夫。もうしっかり自立できている”という、精いっぱいの意思表示だったんだと思います」(前出・浅田家を知る人)




女性セブン
浅田真央 最愛の母が遺した“別れの言葉”


~登場人物「浅田家の知人」~
「母・匡子さんは、亡くなる直前に病床から2人の娘たちへ『あなたたち姉妹には2人で生きていけるレールは敷きました。もう私はいつ亡くなっても大丈夫』と話していたそうです」(スケート関係者)

12月9日、浅田真央(21)の最愛の母・匡子さん(享年48)が肝硬変のため急逝した。グランプリ・ファイナルのためカナダ入りしていた浅田は、母が危篤だという知らせを受け、急遽帰国。母の最期を覚悟していたのだろうか、動揺する様子は微塵もなかったという。そこには、最愛の母が遺した“別れの言葉”があった――。

幼いころからスパルタ式で浅田を特訓してきた匡子さん。彼女にとって、娘がフィギュアで活躍することが一番の喜びだった。そんななか、浅田が小学生のころ、匡子さんの入院と大会のスケジュールが重なったことがあったという。浅田家の知人はこう振り返る。

「『大会を休んで一緒に病院に行く!』と訴えた真央ちゃんに、匡子さんはものすごい形相で『病院には来ちゃダメ!ママがいちばん嬉しいことは、真央が大会で優勝することなの!』と怒ったそうです」

今シーズン、母親の闘病という他言できない葛藤と心労に負けず奮起した浅田。“病気のママに笑顔を取り戻してほしい”と必死に掴み取ったグランプリ・ファイナル出場だったのだ。

「突然のお母さんとのお別れに、真央ちゃんもショックだと思います。でも、『ソチ五輪で金メダルを取るまで泣いちゃダメ』という匡子さんの言葉をそっと胸にしまっているんでしょうね」(浅田家の知人)




「しかしひと言もいい訳することなく、母の病について決して明かすことはなかった。」

何言ってるんだ、バカやろう。今頃知ったのか?

いつだって、真央ちゃんは言い訳しなかった。
ずっとずっとだ。
ファンは、そんな真央ちゃんだから、心底、好きなんだ。
尊敬してるんだ。

なんて潔い魂なんだ。
つまんない、週刊誌ごときが。
おちゃらかした記事しか書かない週刊誌の分在で。

泣かせてくれる・・・


「匡子さんの言葉をそっと胸にしまっている」


なんていう清い志であることか・・・

週刊誌の編集部よ。
過去の記事について
改めて謝れ。

これまでの記事で真央ちゃんの名誉をどれ程、傷つけてきたことか。
ほんと、1億回、謝っても謝りきれないほどだ。

だけど、今回の記事は、やはり泣けた。
くやしいな。
週刊誌ごときに、泣かされた自分が。

まったくもう、こずるい連中だ。

そもそも、週刊誌ってものが生き残ってこれたのは、
読者を誘導する「タイトル」の上手さと
「嘘か本当か」のギリギリのラインで
読者を泣かせる(感動させる)ことができたからか・・・

とにかく、たとえ週刊誌でも
真央ちゃんの清く潔い姿勢を
広く、世間に知らしめたこと、
とりあえず、礼を言っておく。

今まで知らなかった罪は重いけど。

真央ちゃんの清く潔い姿勢は
日本人の美徳観念そのものなんだよ。
彼女は、日本の宝なんだよ。

週刊誌よ。
ちゃんと、覚えておくように。
忘れず、メモしとけよ。

拍手[184回]

この記事へのコメント

Name
Title
Mail(非公開)
URL
Color
Comment
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Pass   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

あにきさんの文章に涙。

素晴らしい記事です!
確かに最近は温かい目線の記事が増えましたね。
今更かよ!と思いつつ、良い兆候なので、嬉しいですね。
  • by 石ころ
  • URL
  • 2011/12/21(Wed)04:40
  • Edit

Re:あにきさんの文章に涙。

石ころさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。

真央ちゃんのことになると、
ついつい、熱くなって、
突っ走った記事を書いてしまうんです。

でも、多く(このブログ的には)の方から、
拍手やコメントをいただいて
共感いただけたこと、うれしく思います。

やっぱり、みなさん、思うところは同じなんだな、
同志なんだなと、心強く思います。

真央ちゃんが、たくさんの人々に愛されているって証拠ですよね。
  • by あき
  • 2011/12/21 21:32

無題

外国人だったら訴訟を起こし、法外な慰謝料を要求するようなレベルの報道をされてもじっと耐えてた真央ちゃんとその周囲の方達。

これまでの経過をずっと見ていても、過去のどの瞬間でも立派な言動、全力のパフォーマンス。
本当に、感動を与えてくれて、いくら愛を返しても足らないと思わせてくれる稀有の存在です。
  • by こぶた
  • 2011/12/21(Wed)11:33
  • Edit

Re:無題

こぶたさん
はじめまして。
コメントありがとうございます。

「いくら愛を返しても足らないと思わせてくれる稀有の存在」って
素敵な表現ですね。
心にジーンときてしまいました。

真央ちゃんは一人の存在だけど、
周囲の人たちの強い支えがあってこそ、
努力が実を結び、輝けるんですよね。

そして、最強のファンがたくさんいます!!

みんなの心を一つにして、
全力で、真央ちゃんを応援いたしましょう。
  • by あき
  • 2011/12/21 21:44

おひさしぶりです。

あきさん、こんにちわ。

真央ちゃんのお母様が亡くなってから、しばらくの間は、私まで茫然自失ですっかり元気をなくしていました。
いまだに、真央ちゃんの「愛の夢」などの映像は、ちょっと辛くて観てません。
(でも、全日本は勿論観ますよ。頑張ってる真央ちゃんをしっかりまぶたに焼き付けます!)

言い訳しない真央ちゃん。
だからこそファンは真央ちゃんのことが、これほど大好きなんですよね。
誰よりもけがれの無い天使みたいな顔で、そして誰より男前。
きっと全日本に向け、一生懸命に無心に練習していることと思います。
ファンは、必死の想いでリンクに戻ってくる真央ちゃんを笑顔で待っていてあげたいですね。

今日は真央ちゃんの会見があるみたいですね。
マスゴミが変な質問をしませんように・・・。
なんだか、落ち着きません。
  • by nancy
  • 2011/12/22(Thu)14:55
  • Edit

Re:おひさしぶりです。

nancyさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。

おひさしぶりです。
あの悲しい出来事から今日にいたるまで
ブログの記事もなかなか書けない日もありました。

でも、いよいよ明日から全日本ですから、
気持ち切り替えて、みんなで
思いっきり応援いたしましょうね。
  • by あき
  • 2011/12/22 20:53

そうですよね!

あにきさん、再訪失礼いたします。こぶたです。
>>いくら愛を返しても足らないと思わせてくれる稀有の存在です。

この表現気に入って下さって嬉しいです。
私も書いていて正に真央ちゃんを表せた。・・・と勝手に自己満足(笑)。
月並みな表現だと、感謝とか無償の愛を捧げずにはいられないということです。

いよいよ全日本が始まりますね。
涙で画面が曇りそうですが、しっかりと真央ちゃんの勇気を見守りたいです。
  • by こぶた
  • 2011/12/22(Thu)17:01
  • Edit

Re:そうですよね!

こぶたさん
再訪ありがとうございます。

自己満足じゃないですよ。
「稀有な存在」って、ほんと真央ちゃんのためにある言葉みたいですよ。
お互い、真央ちゃんのこと、
どんなに言葉を尽くしても表現しきれないほど、
大好き同志ですね。

またいつでも覗きに来て下さい。
そして、素敵な感想をぜひお聞かせ下さいね。
よろしくお願いいたします。

さて、全日本開幕!!
全力で応援いたしましょうね。
  • by あき
  • 2011/12/22 20:58

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

カウンター

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

モバイル「あにき日記」

ブログ内検索

最新コメント

[05/27 Michaelcaw]
[05/27 hier umgeleitet]
[05/27 verwandten website]
[05/26 ihren kommentar hier]
[05/26 klicken fuer info]

プロフィール

HN:
あき
HP:
性別:
男性
職業:
アパレル系
趣味:
音楽鑑賞

忍者アド


忍者アド

忍者アナライズ

my favorite figure skating


AmazonStore
by amanatu

ブログ村リンク


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 兄弟・姉妹・親戚(家族)へ
にほんブログ村

今日のまろん


glico


グリコネットショップ

glico & FIJI Water


glico "Hesperidin"αGヘスペリジン

FIJI Water
ミネラルウォーター 通販 水

Yoroshikarou


アクセス解析

Copyright ©  -- あにき日記 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS /  /