あにき日記

フィギュアスケート好きのあにきの日記

HOME • Admin • Write • Comment
あれ?
これって、ネタ古過ぎ?

Danse Macabre「死の舞踏」サンサーンス
太田由希奈さんの2003/04SP
気無余命の2008/09SP比較・・・

由希奈さんの演技、美しくて、うっとりしますね。
この時のプロの振付はデビット・ウィルソンではなさそうなのですが、
(wikkiに振付師が載ってなかったので)
あとに載せますが、
鬼夢夜南「死の舞踏」の振付前に、
由希奈さんとウィルソンは出会ってるので
なんだか、あやしい・・・
ぱくられってって・・・

衣装についてはすでにパクリが露見済みですが、
プログラムまでとは。




(画像主さんお借りします。すでに「カンジンの力」でもお借りしてます)

由希奈さんのプロはジュニア当時のものなので
スパイラルもステップも短いですが、
ジャンプ・スパイラル・ステップの順序など、ソックシですよね。

知らなかったのは自分だけかもしれませんが、
忌牟与茄、太田由希奈さんに、大分影響受けてますね。

しかし、由希奈さんの柔らかくも、美しい表現には敵うわけもなく、
果ては「力強いジゼル」を演じてしまう。
帰霧夜南の表現力には、かなり限界を感じますね。

Danse Macabre - Yukina Ota - 2003 SP


Danse Macabre - Yuna Kim - 2008 SP




『死の舞踏』(フランス語:Danse macabre)Op.40 は、
カミーユ・サン=サーンスの作曲した交響詩。

サン=サーンスの作曲した4つの交響詩の中では最も有名なものである。

【作曲の経緯】
フランスの詩人アンリ・カザリス (Henri Cazalis) の奇怪で幻想的な詩に霊感を得て、
1872年にまずは歌曲として作曲され、
1874年に管弦楽曲としてまとめられた。
午前0時の時計の音とともに骸骨が現れて不気味に踊り始め、
次第に激しさを増してゆくが、
夜明けを告げる雄鶏の声が響きわたるや墓に逃げ帰り、
辺りが再び静寂につつまれるまでを描写的に描いている。
スコアの冒頭には、カザリスの詩から数行が引用されている
(以下は引用された部分)。

カザリスの詩

ジグ、ジグ、ジグ、墓石の上
踵で拍子を取りながら
真夜中に死神が奏でるは舞踏の調べ
ジグ、ジグ、ジグ、ヴァイオリンで

冬の風は吹きすさび、夜は深い
菩提樹から漏れる呻き声
青白い骸骨が闇から舞い出で
屍衣を纏いて跳ね回る

ジグ、ジグ、ジグ、体を捩らせ
踊る者どもの骨がかちゃかちゃと擦れ合う音が聞こえよう
静かに!突然踊りは止み、押しあいへしあい逃げていく

暁を告げる鶏が鳴いたのだ



なんとも気持ち悪い詩、鬼武世無


ところで、2007年
太田由希奈さんのjapanskates.comのインタビューを
訳文と共にご覧ください。

このHP、この団体がどこの団体なのか、
よくわかりませんが
ところどころで、何かが心に引っかかります。
由希奈さんが2007年に
デビットウィルソンに振付依頼に
トロントに行った時のインタビューだから、
引っ張られているのでしょうか?
話が、なぜかだんだん、KY、Orsar,
果ては、Korean Townに及びます。

http://www.japanskates.com/



Mark, I-Ching and Gigi interview Yukina Ota
Toronto Cricket, Skating and Curling Club August 10, 2007
How difficult has the road to health been for Yukina?

Transcript of Japan Skates' interview with Yukina Ota at Toronto Cricket Club, Aug 10, 2007
コピー ユキナ・オオタがトロントにある日本スケートのインタビュー クリケット・クラブ、2007年8月10日

By Mark S., (c) Japan Skates 2007.
マークS.(c)によって 日本スケート2007。



Finally! For those who don't know, the idea for my participation in Japan Skates was born back in early 2004 when I attended the Four Continents Figure Skating Championship in Hamilton (Ontario), near Toronto. I went to the competition in hopes of seeing several skaters I admired who were on the original roster.
最後に!知らない人々にとって、トロントの近くで、私がハミルトン(オンタリオ)で4つの大陸フィギュアスケート・チャンピオンシップに出席した2004年前半に、日本スケートへの私の参加についてのアイデアは、押し返されました。いくつかのスケーター誰が元の名簿の上にいるかについて賞賛したのを見ることを願って、私は競争に行きました。
The ladies' field was wide open. The Japanese contingent featured the already-veteran Yoshie Onda, whom I had seen several times before, and a young sparkplug with a triple Axel in her arsenal named Yukari Nakano. The "third" member of the team was unknown to me, despite her being the defending World Junior champion and a fourth-place finisher at the Japan senior Nationals. By the time the competition finished, I had a new favourite young skater. Her name was Yukina Ota.

女性の分野は大きく開いていました。日本派遣団はすでにベテランの恩田美栄(その人に私は何度か前に会いました)を主演させました、そして、彼女の兵器の3倍のアクセルと一緒の若い点火栓は中野友加里の名前を挙げました。彼女が前回のWorldジュニア・チャンピオンと日本上位のナショナルズの第4の場所仕上げ工であることにもかかわらず、チームの「第3代」メンバーは、私に知られていませんでした。競争が終わる頃には、私には新しい大好きな若いスケーターがいました。彼女の名前は、ユキナ・オオタでした。

Fast forward three-and-a-half years. A reader of Japan Skates was very nice to write in and tell me that Yukina was training in Toronto this summer. The Japan Federation, as always, graciously approved the request and asked Yukina if she would agree to an interview. She did, and called me personally to arrange it. We set the date for Friday, August 10 at the Toronto Cricket, Skating and Curling Club. Along with my fiancée
3年半を早送りしてください。投書して、ユキナがこの夏トロントでのトレーニングであったと私に話すために、日本Skatesの読者は、非常に素敵でした。日本同盟は、いつものように、丁寧に要請を承認して、彼女がインタビューに同意するかどうか、ユキナに尋ねました。彼女は、それを手配するために、個人的に私をまねて、電話をしました。我々は、トロント・クリケット、スケートとカーリング・クラブで日付を8月10日金曜日に設定しました。私のフィアンセと一緒に
I-Ching and our friend and photographer extraordinaire Gigi, I arrived at the Cricket Club at 3:30 to view Yukina's choreography seminar. After it was over (and we had taken some great pics and video), we sat down for the long-awaited interview. Enjoy.
易占いと我々の友人とカメラマン非凡なジジ、私は、ユキナの振付けセミナーを見るために、3:30にCricketクラブに到着しました。それが終わっていた(そして、我々は若干のすばらしい写真とビデオを携帯しました)あと、我々は待望久しいインタビューのために座りました。 楽しんでください。

Yukina did not need an interpreter as she speaks excellent English from the time she has spent in North America. When she was unsure of a word, she would write it in kanji and I-Ching would translate. I have tried to stay as close as possible to a verbatim transcription.
彼女が北アメリカで過ごした時間から優れた英語を話して、ユキナは通訳を必要としませんでした。語で自信がなかったとき、彼女は漢字にそれを書きます、そして、易占いは翻訳します。私は、できるだけ近くにいようとしました正確にことば通りに筆記。

JS:  Japan Skates
JS:  日本スケート
YO: Yukina Ota
YO: ユキナ・オオタ

JS:  Thank-you, Yukina, we appreciate you doing the interview today.   You came to Toronto for David Wilson's choreography.
JS:  ありがとう、ユキナ、我々は今日インタビューをして、あなたを評価します。   あなたは、デービッド・ウィルソンの振付けのためにトロントに来ました。
YO: Yes.
YO: はい。


JS:  Was that your decision or was it the Japan Federation's decision?
JS:  それはあなたの決定でしたか、あるいは、それは日本同盟の決定でしたか?
YO: It was my decision.
YO: それは、私の決定でした。

JS:  How did you know about David?
JS:  どのように、あなたはデイビッドを知っていましたか?
YO: My coach, Mr. Yutaka Higuchi, he's very good friends with David, so that's why.
YO: 私のコーチ、ユタカ氏 ヒグチ、彼は非常によいです そう、デイビッドの友達 そんな訳さ。

JS:   That's your regular Japanese coach?
JS:   それは、あなたの普通の日本のコーチです?

YO: Yeah, yeah, exactly.
YO: はい、はい、その通り。
JS:  What do you think David brings to your skating?
JS:  あなたは、デイビッドがあなたのスケートに何を持ってくると思いますか?
YO: I feel he choreographs more natural... I used to skate in positions (raises arms), but he often says "Let it go" and I'm like "Wow, it's nice and it's easy too".
YO: 私は、彼がより自然に振付けをするのを感じます... 私は位置(武器を上げます)でスケートをしたものです、しかし、彼は「ほっておく」としばしば言います、そして、私は「わあ、それは素晴らしいです、そして、それも簡単です」のようにあります。

JS:  What would you like to improve most about your skating?
JS:  あなたは、スケートについて何を最も改善したいでしょうか?
YO: Oh, this season? (laughs) Here (points to her heart) and then I can control everything.
YO: ああ、今シーズン? (笑い)ここ(彼女の心臓への点)では、そして、それから、私はすべてを支配することができます。

JS:  The heart...emotional or mental?
JS:  心臓...感情的であるか、精神的な?

YO: Yeah, mental thing but also, how do you say...stamina.
YO: はい、また、方法があなたに役立つという精神的なことは、言います...スタミナ。

JS:  What is your music this season?
JS:  あなたの音楽は、今シーズン、何ですか?
YO: My short program is "Madame Butterfly", which I used to use, but it was for the long program, so my mom edited it down, she made it shorter.
YO: 私のショートプログラムは「Butterflyにマダム」(それを私は使ったものです)です、しかし、それは長いプログラムに賛成だったので、私のおかあさんはそれを下って編集しました。そして、彼女がより不足してそれを作られます。

JS:  And how about the free skate?
JS:  そして、フリーのスケートはどう?
YO: "Aranjuez". Do you know "Aranjuez"? The Spanish piece. "Concerto d'Aranjuez" (hums the tune). Listen to Yukina
YO: 「Aranjuez」。 あなたは、「Aranjuez」を知っていますか?スペインの部分。 「コンチェルトd'Aranjuez」(曲を鼻歌で歌います)。 ユキナの話を聞いてください


JS:  Oh, that's going to be great!  How about exhibitions?  Do you have any exhibition numbers planned yet?
JS:  ああ、それは大きくなりそうです!展示はどう?あなたは、展示番号をもう計画しておきますか?
YO: No, not at this point.
YO: いいえ、この点ででなく。

JS:  Who usually chooses your music?
JS:  誰が、通常あなたの音楽を選びますか?
YO: Um, me (giggles). But this time, Aranjuez, David chose Aranjuez. I like it.
YO: うーん、私(くすくす笑い)。 しかし、今度は、Aranjuez、デイビッドはAranjuezを選びました。 私は、それが好きです。

JS:  What is your favourite type of music to skate to?
JS:  スケートをする音楽のあなたの大好きなタイプは、何ですか?
YO: Classical music, I like to skate with classical music.
YO: クラシック音楽、私はクラシック音楽でスケートをしたいです。

JS:  What are your international assignments this season?
JS:  あなたの国際的な任務は、今シーズン、何ですか?
YO: I have Golden Spin of Zagreb, and in Japan. Japan Nationals.
YO: 私 ザグレブのゴールデンSpinを持ってください、 そして、日本で。日本ナショナルズ。

JS:  You were going to skate at Thornhill Summer Skate next weekend, but you're not going to anymore.  Why is that?  Why are you returning to Japan?
JS:  あなたは、次のソーンヒル夏のSkateでスケートをすることになりました 週末を過ごしてください、しかし、あなたはそうでありません もうに行くこと。それは、なぜありますか?なぜ、あなたは日本に帰国していますか?
YO: Just me and my coach decided. Because my coach has a training camp in Nagano starting the 18th of August, so that's why he wanted me to come back as soon as possible.
YO: 決心するちょうど私と私のコーチ。私のコーチが8月18日を始めている長野でトレーニング・キャンプを催すので、とてもそういうわけで、彼は私ができるだけ早く戻って来ることを望みました。

JS:  Would you consider returning to Toronto or another city in North America to train, or do you prefer to train in Japan?
JS:  あなたを訓練するか、まねるために北アメリカにトロントまたはもう一つの都市に戻ることが日本で訓練を受けるのを好むと、考えてもらえますか?
YO: I hope this time if I have a chance to come train abroad, then I really want to come back in here. In Toronto.
YO: 私が来る可能性を海外で訓練を受けてもらうならば、本当にここは戻って来たいことを、私は今度は望みます。トロントで。

JS:  And you have David...and Brian...and Yu-Na here.
JS:  そして、あなたにはデイビッドがいます...そして、 ブライアン...そして、ここのYu-Na。
YO: Yu-Na, that's right! I have really great skaters, and it's good for me.
YO: Yu-Na、その通り!私には本当に偉大なスケーターがいます、そして、それは私によいです。

JS:  Have you enjoyed living in Toronto?
JS:  あなたは、トロントに住んでいて楽しみましたか?
YO: Mm-hmm. We've been downtown. And we went to Niagara Falls.
YO: Mm-hmm。我々は、ダウンタウンにいました。そして、我々はナイアガラの滝に行きました。

JS:  Let's talk about some of the injuries you've had in recent years.  After Skate America in 2004, you dropped out of competition for a long time and you took some time off to heal your injuries.  What kind of injuries did you have?
JS:  あなたが近年あった怪我のいくらかについて話しましょう。2004年のSkateアメリカの後、あなたは長い間競争から抜けました、そして、あなたは怪我を癒やすためにいくらかの休みをとりました。あなたは、どんな怪我がありましたか?
YO: I still have the ankle-bone inflammation. My main injury.
YO: 私は、まだ距骨炎症にかかっています。私の主要な怪我。

JS:  Was it very hard to recover?  Was it a lot of training, was it hard mentally?
JS:  回復するのは非常に難しかったですか?  それが多くのトレーニングであったならば、それは精神的に難しかったですか?
YO: Yeah. A lot mentally. Because you know, it's not healed completely, so if I compete with this I need a really strong mind but, you know, always I'm rushing, because I used to - I could do everything - but now I've lost them, so I'm like "Why, why , why?". But now it's getting much better. Listen to Yukina
YO: はい。だいぶ精神的に。あなたが知っているので、それは完全に回復しなかったので、これと競争するならば、私は本当に強い心を必要とします、しかし、そうしたものであるので、えー、常に、私は急いでいます-私はすべてをすることができました-しかし、今は、私は彼らを失ったので、私は「あれ、あれ、なぜ?」のようにあります。 しかし、現在、非常によりよくなっています。 ユキナの話を聞いてください

JS:  Did you ever think about giving up skating during your recovery?  You were off quite a long time, over a year.
JS:  あなたは、回復の間、スケートをやめることについて考えましたか?1年にわたって、あなたは非常に長い間を出かけました。
YO: Yeah, I wanted to stop competing then. That's why I went to the States. Just to have fun. My dad recommended to me to go there. I said to him "I want to be a coach some day". Then he said "How about you go there, do some ice dancing and have a good memory of the States?". He didn't want me to say "I hate skating, that's it, I quit!" and I stayed in competition.
YO: はい、私は、それから競争するのを止めたかったです。そういうわけで、私はアメリカに行きました。 ちょうど楽しむこと。そこに行くために私に推薦される私のおとうさん。私は、「私は、いつかコーチでありたいです」と彼に言いました。それから、「どのようにあなたのあたりをそこに行って、いくらかのアイス・ダンスをして、アメリカの良い記憶を持ちますか?」と、彼は言いました。 「私はスケート(それです)を憎みます。そして、私がやめられます!」、そして、私が競争しているままでいたと言うことを、彼は私が望みませんでした。

JS:  So you were with the Ice Theatre of New York?
JS:  あなたがIceでいたように、 ニューヨークの演劇?
YO: So then I went to the States, to Colorado. Then Judy Blumberg came. She saw my exhibition. I mean, I took some ice dance classes, but I was still skating with my favourite pieces like "Last Dance" and "Madame Butterfly" and sometimes "Turandot". Then she saw my performance and she took me.
YO: とてもそれから、コロラドに、私はアメリカに行きました。それから、ジュディ・ブラムバーグは来ました。 彼女は、私の展示を見ました。つまり、私は一部のアイス・ダンス・クラスをとりました、しかし、私はまだ「Butterflyに」「最後のDance」と「マダム」のような大好きな部分でスケートをすることと時々「Turandot」でした。それから、彼女は私のパフォーマンスを見ました、そして、彼女は私を連れて行きました。

JS:  What motivated you during this period?  Did you have friends and family?  Did you have faith during this period?
JS:  何が、この期間中、あなたに動機づけしましたか?あなたには、友人と家族がありましたか?  あなたには、この期間中、約束がありましたか?
YO: Uh, yeah. But mostly Mr. Kim (in Colorado Springs), he helped me a lot.
YO: あー、はい。大部分はキム氏(コロラド・スプリングスで)以外の、彼はたいへん私を助けました。

JS:  So your ankle injury still bothers you a little bit?
JS:  それで、あなたの足首損傷は、まだあなたを少し悩まします?
YO: Yeah, a little bit.
YO: はい、少し。

JS:  What are your goals this season, in terms of placement?
JS:  あなたのゴールは、配置に関して、今シーズン、何ですか?
YO: Yeah...I have my goals, but they're in my mind! (laughter)
YO: はい...私はゴールをとります、しかし、彼らは私の心の中にいます!(笑い)

JS:  How about longer term?  Would you like to continue to the next Olympics in Vancouver?
JS:  より長い語はどう?  バンクーバーで次のオリンピックへと延びていたいですか?
YO: Hmm... I just want to take it year by year, and we'll see.
YO: うーん。…私はちょうど年々それをしたいです、そして、我々は見えます。

JS:  Let's talk a little about the scoring system that's been used for a few years.  You're a very artistic skater.  Is it difficult to adapt your style to the new system, or do you prefer 6.0?
JS:  少し2、3年の間使われた評価法について話しましょう。  あなたは、非常に芸術的なスケーターです。あなたのスタイルを新しいシステムに適応させるか、あなたをまねることが6.0を好むことは、難しいですか?
YO: You know, my jumps are kind of cheated sometimes, so that's why I have the deductions, last Nationals, but it's good for me. So I can improve, I can try doing... I have to practice Bielmann, inside-to-outside spiral, a lot of things. It's hard, but it's good for me, and I can do it.
YO: あのね、私の上昇は時々ちょっと逃れられるので、そういうわけで、私には推論(最後のナショナルズ)があります、しかし、それは私によいです。 よくなることができるように、私はしてみることができます... 私は、Bielmann、内部の~外側の螺旋、多くのものを行わなければなりません。それは難しいです、しかし、それは私によいです、そして、私はそれをすることができます。

JS:  Do you follow any special diet to be an athlete?  Do you have to know how much protein, how much fat?
JS:  あなたは、アスリートである特別食に続きますか?  あなたは、タンパク質(太いいくら)がいくらかについてわかっていなければなりませんか?
YO: Actually, I know a lot about that, but I think it's really good to eat with somebody and have fun. That's really...I need it. I need to be healthy, so that's why I drink water a lot. Then I eat really healthy stuff, like vegetables, and low fat ice cream! (all laugh).
YO: 実は、私はそれについての多くを知っています、しかし、私は誰かと食べて、楽しむことが本当によいと思います。 それは、本当にそうしました...私は、それを必要とします。 私は健康な必要があるので、そういうわけで、私はたいへん水を飲みます。それから、私は本当に好ましいもの(野菜と低脂肪アイスクリームのような)を食べます!(すべての笑い)。

JS:  Can you describe for us a typical day in your life?  When you're in Japan and you're training, and it's a competition in three weeks, for example.  What is your day like?
JS:  あなたは、人生で我々のために典型的日を解説することができますか?  あなたが日本にいる、そして、あなたがトレーニングであるとき、そして、それはそうであります .たとえば、3週間の競争。あなたの時代は、何のようにありますか?
YO: I wake up and wash my hair (giggles)! I do yoga, and dance. Some study...my university class. Then I come here, to take to the ice. Then I skate about two hours. Then I have a rest, then I have one more session. Then I go home, to take a bath (giggles).
YO: 私は起きて、髪(くすくす笑い)を洗います! 私はヨガをして、踊ります。 若干の研究...私の大学クラス。 それから、氷が好きになるために、私はここに来ます。 それから、私はおよそ2時間スケートをします。 それから、私は休みます、そして、私にはもう一つのセッションがあります。 それから、風呂に入る(くすくす笑い)ために、私は家に帰ります。


JS:  So you're a student at a university?
JS:  それで、あなたは大学の学生です?
YO: Yeah, but I'm not a regular student. I'm just taking some classes. Right now, I'm taking health foods, like gingko, and sports science (writes it in kanji).
YO: はい、しかし、私は普通の学生でありません。私は、ちょうど一部のクラスをとっています。 たった今、私は、健康食品(イチョウとスポーツ科学(漢字にそれを書きます)のような)をとっています。

JS:  (Noticing her beautiful handwriting)  You have an interest in calligraphy.  I read that.
JS:  Youは、書法に関心があります(彼女の美しい筆跡に注意する)。私は、それを読みました。
YO: Yeah, really?
YO: はい、本当に?

JS:  Is it hard for you when your friends are relaxing or partying, and you have to train and stay in shape?
JS:  あなたの友人がくつろいでいるか、パーティしている、そして、あなたが訓練を受けなければならなくて、好調なままでいなければならないとき、それはあなたに難しいですか?
YO: But, I think I need to go out sometimes. I can go out with my friends, that's part of training. That's what I do.
YO: しかし、私は、時々出かける必要があると思います。私は、友人(トレーニングの一部です)とつきあうことができます。 それは、私がそうするものです。

JS:  What do you consider to be your best performance?  Maybe World Juniors, maybe Four Continents?
JS:  あなたは、何が最高のパフォーマンスであると考えますか?  可能性World Juniors、多分、 4つの大陸?
YO: Oh, I would say my Junior Grand Prix Final, the long. It was my best. But I have a good memory with my Nationals. That was 2002/03, I skated almost perfectly. I got fourth that time. It was my best performance.
YO: ああ、私はジュニア・グランプリ決勝(長いもの)を言います。 それは、私のベストでした。しかし、私にはナショナルズとともに良い記憶があります。それは2002/03でした。そして、私がほとんど完全にスケートで滑られました。 私は、その時、第4を得ました。 それは、私の最高のパフォーマンスでした。

JS:  What was your favourite program to skate of all the years?
JS:  年の間ずっとのスケートをするあなたの大好きな計画は、何でしたか?
YO: I used to use "West Side Story" and "Tango". That was my favourite.
YO: 私は、「ウエスト・サイド物語」と「タンゴ」を利用したものです。 それは、私のお気に入りでした。

JS:  Do you remember what years, what season?
JS:  あなたは、なんと年(熟すこと)だろう覚えていますか?
YO: I was in seventh or eighth grade. I did that before I entered international competition, so before that.
YO: 私は、7または8番目の勾配にいました。とてもそれの前に、国際競争に参加する前に、私はそうしました。

JS:  (I-Ching asking) Was it because of the music that you liked them?
JS:  あなたが彼らが好きだったために、(尋ねている易占い)Wasは、音楽のため、それです?
YO: I think so. Also, I did "The Dying Swan". I loved that piece, too.
YO: 私はそう思います。また、私は「瀕死の白鳥」をしました。また、私はその部分が好きでした。

JS:  What is your favourite jump?
JS:  あなたの大好きなジャンプは、何ですか?
YO: My favourite jump? It depends... (all laugh). Ah... oh... actually, I like the Lutz. But my Lutz does not always go up straight, but I love Lutz and my swinging Axel (giggles).
YO: 私の大好きなジャンプ? それは場合によります... (すべての笑い)。 ああ。..ああ... 実は、私は好きです ルッツ。しかし、私のルッツはまっすぐに必ずしも上がりません、しかし、私はルッツと私の揺れるアクセル(くすくす笑い)を愛しています。

JS:  What's the hardest jump for you?
JS:  あなたのために最も難しいジャンプは、何ですか?
YO: It depends. Sometimes I think it's really easy, but sometimes I feel it's a little hard...my Salchow.
YO: それは場合によります。時々、私はそれが本当に簡単であると思います、しかし、時々、私はそれが少し難しいのを感じます...私のサルコウ。

JS:  What was the first triple jump you learned?
JS:  あなたが学んだ最初の三段跳びは、何でしたか?
YO: Toe loop. When I was eleven, summer. It was summer, I remember that.
YO: トウ・ループ。私が11であったとき、夏。夏でした、私はそれを覚えています。

JS: What made you want to be a skater when you were little? How did you start?
JS:  あなたが幼かったとき、何があなたをスケーターでありたくさせましたか?どのように、あなたは出発しましたか?
YO: I moved to a new house, and there was nothing, so that's why my mom took me and my older brother to the rink but actually we went to the pool, but there were tons of people and next to the pool there was an ice rink, Daigo Figure Skating Club, and we went there and my mom saw only three people on the ice, so that's why we started.
YO:私は新居へ引っ越しました、そして、何もなかったので、そういうわけで、私のおかあさんは私を連れて行きました、そして、リンクへの私の兄だが実は我々はプールに行きました、しかし、何トンもの人々がいました、そして、プールの次に、アイスリンク(大五図)がありました スケート・クラブと我々は、行きました そこ、そして、私のおかあさんのこぎりだけ そう、氷の3人 そういうわけで、我々は出発しました。
 
JS:  When did you first start to love it and wanted to be a competitive figure skater?
JS:それが好きであるために最初のスタートをあなたにして、競争的フィギュアスケーターでありたかったとき?
YO: That's kind of hard. I was taking lessons, yeah. That was just part of my life, you know, I go to school, and figure skate, and eat and sleep. So you know, I didn't feel any... it's like a part of my life and just like myself.
それは、ちょっと難しいです。はい、私はレッスンを受けていました。 それはちょうど私の人生の一時期でした ― あなたが知っている ― 私は学校とフィギュアスケートへ行って、食べて、眠ります。あなたが知っているように、私は何も感じませんでした... それは私の生命の一部のようで、まるで私自身のようです。

JS:  You are a very artistic skater. Is ballet an influence on your skating? Do you like to practice ballet?
JS:あなたは、非常に芸術的なスケーターです。バレエは、あなたのスケートに対する影響ですか?あなたは、バレエを行いたいですか?
YO: Oh yeah, I love ballet but I used to take it once a week but right now I'm doing some stuff, but not as much as before.
YO: そうそう、私はバレエが好きです、しかし、私は週に一度それをしたものです、しかし、たった今、私は若干のものをしているが、前の通り多くのものではなくいます。

JS:  So the ballet, was that just to help your figure skating, you didn't do ballet by itself?
JS:バレエがちょうどあなたのフィギュアスケートを助けるそれであったように、あなたは単独でバレエをやりませんでした?
YO: That's right.
YO: その通り。

JS:  How about other interests, other things you like to do? I hear that you play the piano.
JS:他の利益(あなたがするのが好きである他のこと)はどう?私は、あなたがピアノを演奏すると聞いています。
YO: Yeah, I love to play the piano, and knitting. I love knitting! Also, recently, I have to cook, so I have cooking too.
YO: はい、私はピアノと編み物をしたいです。私は、編物をするのが好きです!また、最近、私は料理しなければならないので、私は料理もとります。


JS:  (I-Ching asking) Do you have to cook for yourself here, not your homestay mom?
JS:あなたがあなた自身でここで料理しなければならない(尋ねている易占い)Do、あなたのホームステイおかあさんでない?

YO: She cooks sometimes, but I'm eating Japanese food, so...
YO:彼女は時々料理します、しかし、そう、私は和食を食べています...

JS:  (Gigi asking) What do you cook?
JS:Whatは、コックをあなたにします(尋ねているジジ)?
YO: I love Korean food, so I make Kimchi Chigae, or Bi-bam-bap.
YO: 私は韓国の食物が好きであるので、私はキムチ・チガエまたはBi-でっちあげ-bapします。

JS:  (everyone) Wow! I used to live in Korea.
JS:(誰でも)Wow!私は、韓国に住んでいたものです。
YO: That's why you know it well, maybe.
YO: そういうわけで、多分、あなたはよくそれを知っています。

JS:  I speak some Korean. I heard you on a video speaking Korean (speaking in Korean with her).
JS:  私は、いくらかの韓国語を話します。ビデオを話す韓国人(彼女と韓国語で話す)の上で、私はあなたの話を聞きました。
YO: Like "I'm hungry", "thank-you", bye-bye", something like that.
YO: 「私は空腹です」ように、「ありがとう」、バイバイ」、そのような何か。
JS:  Did you stay with a Korean family in Colorado Springs?
JS:あなたは、コロラド・スプリングスに韓国の家族にとどまりましたか?
YO: Yes, with a Korean family, yeah.
YO: はい、韓国の家族とともに、はい。

JS:  Who are some of your best friends in skating? Japanese, Korean, anybody?
JS:スケートをすることでのあなたの親友の何人かは、誰ですか?日本人、韓国人、誰でも?
YO: That's interesting! Hmmm... I have skating friends, but...hmmm... right now, her name is Momo, she's a student with Yutaka and skating all the time. I used to have Ami Kobayashi, she was my best friend in skating.
YO: それは面白いです!Hmmm... 私には、スケート友人がいます、しかし、...hmmm... たった今、彼女の名前はモモです、彼女は常にユタカとスケートをもつ学生です。私がアミ小林がいることに慣れて、彼女は、スケートをすることでの私の親友でした。


JS:  Who are some of your favourite figure skaters or heroes?
JS:あなたの大好きなフィギュアスケーターか英雄の何人かは、誰ですか?
YO: Oh, when I was little, I loved Michelle Kwan and Lu Chen, especially Lu Chen. You know, she was Asian, so I really, really loved her.
YO: ああ、幼かったとき、私はミシェル・クワンとルー・チェン(特にルー・チェン)を愛していました。 あのね、彼女はアジア人であったので、私は彼女を本当に、本当に愛していました。

JS:  The first Chinese world champion.
JS:初の中国の世界チャンピオン。
YO: She's just gorgeous, and beautiful. I loved her. I miss her skating, but recently I like the ice dancers.
YO: 彼女はちょうど素晴らしくて、美しいです。私は、彼女を愛していました。私は彼女がスケートをすることができないのを寂しく思います、しかし、最近、私は氷ダンサーが好きです。
JS:  Who are some of your favourites?
JS:  あなたのお気に入りの何人かは、誰ですか?
YO: Ah, the Israeli team, Chait and Sakhnovski.
YO: Ah、イスラエル・チーム、ChaitとSakhnovski。

(We then talked a little about the unfortunate incidents surrounding Maxim Staviski and Nobunari Oda.  We wished them both all the best.)
(それから、マキシムStaviskiとノブナリを囲んでいる不運な事件について、我々が少し話しました 織田。我々は、彼らを願いました 両方のさよなら。)
JS:  We ask this to all the skaters.  What was the funniest gift you've ever got from a fan?
JS:我々は、すべてのスケーターにこれを尋ねます。あなたがこれまでにファンから得た最もおかしい贈り物は、何でしたか?
YO: Ah... I don't remember! I think I didn't have any funny gifts!
YO: ああ。…私は、覚えていません!私は、少しのおかしい贈り物も持っていなかったと思います!

JS:  Any letters or messages?
JS:どんな手紙またはメッセージ?
YO: Ah no, everybody gives me really comfortable stuff (all laugh).
YO:ああいいえ、誰でも私に本当に快適なもの(すべての笑い)を与えます。

JS:  If you could have anything thrown onto the ice for you, what would you like? A really cool gift?  Kokkoi!
JS:あなたが何かをあなたのために氷に投げかけておくことができるならば、あなたは何が好きでしょうか?本当にいかした贈り物?  Kokkoi!

YO: (All laughing) Ah, can I say...?! (more laughter) A house, a car!
YO: (すべての笑い)Ah、私が言う缶...?(より多くの笑い)Aハウス、車!
JS:  (Gigi asking) When you get the gifts on the ice, what do you do with them after? Do you keep everything?
JS:あなたが氷の上で贈り物のために得る(尋ねているジジ)When、あなたが後に彼らとすることをすること?あなたは、すべてを保ちますか?
YO: Yeah, of course! Or sometimes I give them to little children, or young skaters.
YO: はい、もちろん!または、時々、私はほとんど子供たちまたは若いスケーターに彼らを与えません。

JS:  Do you have a message for your fans? You're one of the most popular skaters at Japan Skates; everyone asks questions about you.
JS:あなたは、ファンのためにメッセージを受け取りますか? あなたは、日本Skatesで最も人気のあるスケーターの1人です;誰でも、質問にあなたについて尋ねます。
YO: Thank you very much for a good time and cheering me...and just thank you again, so I'll do my best for them. Listen to Yukina
YO: 楽しい時間と私を声援してくれてどうもありがとうございます...そして、ちょっともう一度ありがとうので、私は彼らのために私の最善を尽くします。 聞いてください ユキナに


This was by far my favourite interview. Yukina was my inspiration for helping start this tribute with Gregg after watching her triumphant performances at the Four Continents in 2004 and her courageous effort at Skate America later than year. A year or so later, it was hard to imagine her even making a comeback with all her injuries, let alone coming to Toronto to train with David Wilson and having such solid plans for this season.
これは、断然私の大好きなインタビューでした。ユキナは、年より後で2004とSkateアメリカへの彼女の勇敢な努力においてFour Continentsで彼女の勝利を収めたパフォーマンスを見た後にこの賛辞をグレッグで始めるのを助けるための私のインスピレーションでした。1年ほど後に、デービッド・ウィルソンと訓練を受けるためにトロントに来て、今シーズンのそのような立体設計図があることは言うまでもなく、彼女が彼女のすべての怪我で復帰さえすることを想像するのは難しかったです。

Yukina is a very confident and assertive young lady, arranging the entire interview herself and asking to approve the photos we took. We had great fun watching her choreography seminar (with another instructor, not David Wilson, since he was choreographing for Emily Hughes in Toronto that day) and talking to her afterwards. Following the interview, we all decided to try some of our favourite food at a nearby Korean restaurant, where Gregg joined us via cell phone from Boston.  We got to know her even better over the great food.  She's the middle of three children, and loves to shop!  In fact, Gigi took her shopping at Yorkdale Centre in Toronto afterwards.  And is there a special guy in her life?  We'll never tell!!! 
ユキナは非常に自信に満ちて断定的な若い婦人です。そして、彼女自身全てのインタビューを手配して、我々が撮った写真を承認したいと頼みます。我々には、彼女の振付けセミナー(以後もう一人のインストラクター(デービッド・ウィルソンでない)と、彼はその日トロントでエミリー・ヒューズのために振付けをしていました)を見ていて、その後彼女と話しているものすごい楽しみがありました。インタビューの後、みんなは近くの韓国のレストランで我々の大好きな食物の一部を食べてみることに決めました、そこで、グレッグはボストンから携帯電話によって我々に加わりました。我々は、すばらしい食物の上によりよく彼女さえ知っていなければなりません。彼女は3人の子供たちの中央で、買い物をするのが好きです!  実際、ジジはその後トロントのYorkdaleセンターで、彼女の買い物をしました。そして、特別な人が、彼女の人生でいますか?我々は、決して話しません!!! 

We would like to thank Yukina for giving us such a wonderful experience. We wish her the best and hope to stay in contact with her this season. Thanks also to Brian Orser who facilitated the meeting, Toronto Cricket Club skating director Debbie Crites who allowed us to photograph the choreography seminar, and to the Japan Federation for graciously authorizing yet another interview.
ユキナに我々にそのような素晴らしい経験をしたことに対して礼を言いたいです。我々は彼女が最高ならばよいと思って、今シーズン彼女と接触していることを望みます。また、我々が振付けセミナーの写真を撮るのを許した会っている、トロントCricketクラブ・スケート・ディレクター・デビーCritesを容易にしたブライアンOrserに、そして、さらにもう一度インタビューを丁寧に認可するための日本同盟に感謝します。



一番しっくりくる漢字は
忌亡余命かな・・・

拍手[13回]

この記事へのコメント

Name
Title
Mail(非公開)
URL
Color
Comment
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Pass   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

無題

=
  • by Thomaskn
  • 2014/04/11(Fri)03:28
  • Edit

Thank's, very interesting article

Very well written!
I’ll right away clutch your rss as I can’t find your
e-mail subscription hyperlink or e-newsletter service. What do you think about https://www.etsy.com/teams/27512/web/discuss/17218837/ buy avodart online without prescription
Do you’ve any? Kindly let me recognize so that I could subscribe.
  • by valismoth
  • URL
  • 2016/09/27(Tue)10:32
  • Edit

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

カウンター

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

モバイル「あにき日記」

ブログ内検索

プロフィール

HN:
あき
HP:
性別:
男性
職業:
アパレル系
趣味:
音楽鑑賞

忍者アド


忍者アド

忍者アナライズ

my favorite figure skating


AmazonStore
by amanatu

ブログ村リンク


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 兄弟・姉妹・親戚(家族)へ
にほんブログ村

今日のまろん


glico


グリコネットショップ

glico & FIJI Water


glico "Hesperidin"αGヘスペリジン

FIJI Water
ミネラルウォーター 通販 水

Yoroshikarou


アクセス解析

Copyright ©  -- あにき日記 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS /  /