あにき日記

フィギュアスケート好きのあにきの日記

HOME • Admin • Write • Comment
みなさん、ご承知のことと思いますが、
各国のWikipediaって
書いてることが違うのです。

各国語に単純に訳されていると思っていましたが、
言葉だけじゃなく、内容も微妙に違うことがわかりました。

フリー編集のところは、妙に書き換えられたり、書き加えられたりしていて。
各国のお国柄や立ち位置も、ちらほら見えて、おもしろいです。



Wikipedia 各国語「浅田真央」編

日本語はみなさんご存知だと思いますので省略します。

英語版 English(英語版は、明らかに偏った加筆がされています。そこを注意して読んでください)

マオAsada
人物
浅田真央は、名古屋、愛知、日本で生まれた。 彼女は、日本の女優大地真央の名をとって名づけられた。 彼女は、1学年の中央まで、名古屋インターナショナル学校に通った。 移住後、高針小学校と高針台中学校を、彼女は卒業。中京大学中京高校卒業。彼女は中京大学に入学した。在学中。
彼女の姉浅田舞(2歳上)も、フィギュアスケーター。現在ショーでスケートで滑っている。2006の四大陸選手権を6位も終えた。
また、浅田舞がバレエからスケートに切り替える1995年に以前、浅田真央はバレエを当初学んだ。
経歴
2002–2003 
全日本ノービスで優勝。
全日本ジュニアへ出場の誘いを得て、4位。
全日本選手権にも参加して、7位になった。
2003–2004
浅田真央はNoviceとジュニアで同じ試用期間を繰り返して、
全日本で8位になった。
Mladostトロフィー(初の国際的大会)で優勝した。
2004–2005 浅田は国際的にジュニア時代適任者だった。
ISUジュニアGPに参加した。(ISU GPのジュニア)
イベントの両方ともに勝った。
彼女は、総合得点で、2位(キム・ユウナ)を35.08ポイント差で抑え、JGPで優勝した。 浅田は全日本ジュニアに勝って、2005年の世界ジュニア選手権の出場資格を得た。 その時の2位は、2歳上の姉、浅田舞。
真央の勝利は彼女に全日本選手権への招待をもたらした。
そこで、彼女は銀メダルを獲得した。 年齢制限のため、浅田真央は2005年の世界選手権大会に行けなかった。 ジュニア世界選手権で彼女は2位のキム・ユウナに20.31の差で勝った。
2005–2006
ジュニアからシニアへの移行の年で、シニアのGPシリーズを経て、ファイナルへ進出、優勝した。 しかし、年齢制限でオリンピックおよびISU世界選手権の出場権がなかった。浅田真央は、2006年の冬季五輪出場権なしと発表された。
GPシリーズでは、中国杯で荒川静香(トリノ五輪金メダリスト)を上回って、銀メダルを獲得した。
フランス杯では、2位のサーシャ・コーエン(トリノ五輪銀メダリスト)より7.30ポイント上回って優勝した。
ヅランスの1位と中国2位で、2005–2006 GPファイナル出場権を得た。
GPファイナルで、2位のイリナ・スルツカヤ(トリノ五輪銅メダリスト)に8.14の差で優勝した。
2005–2006 全日本選手権で村主章枝に次いでの銀メダルを獲得した。 年齢制限のためオリンピックには出れなかったが、この試合のフリープログラムで、2つのトリプル・アクセルを跳んだファーストレディーになった。
2006年の世界ジュニア選手権でGPジュニアの覇者キム・ユウナと競い、金がキム、24.19ポイント差で銀が浅田、18.21差で、銅がクリスティーンZukowski。浅田は銀メダルを取った。
この試合で浅田真央は、ISU championship.でSPでトリプル・アクセルをものにするファーストレディーになった。
2007–2008シーズン
浅田シニア本格参戦した。
GPシリーズ、スケート・カナダへ初出場。 SP3位、FS1位で、中野より上回り、 フランス杯で金メダルを獲得。 GPファイナルへ進出。
SPに、浅田はジャンプのフットワーク必須の要素を奪わないで、競争のその部分で59.04の得点を得て、最下位6位。フリーでは132.55ポイントで巻き返し191.59ポイントを得るも、1位のキムYu-Naとわずか(5.24ポイント差で)2位となった。SPにおける大きなミスが響いた。 3位のカロライナ・コスナーより12.66ポイント差を付けた。
全日本では、安藤美姫との差、わずか1.15ポイントの205.33ポイントで優勝。
浅田、安藤と中野のチームは世界選手権へ、浅田、安藤と村主は四大陸選手権へ出場権を得た。
これが、四大陸選手権の初出場だった。2位のJoannie Rochetteより13.71ポイント差を付けて、浅田は優勝した。この大会の前にコーチのもとを去って、浅田はコーチなしで、世界選手権大会も出場した。日本スケート同盟からの当局者は必要に応じて彼女に同行した。

2008年3月20日に、2008の世界選手権で、SPで浅田が64.10ポイント2位のカロライナ・コスナーの差はわずか0.18だった。フリーでは、彼女はトリプル・アクセルで転倒したが、そのために要素は技術的なpannelでは損は無く、転倒のための強制的な1.00ポイントの減点のみで、121.46ポイントを得た。 2位カロライナ・コスナーにわずか0.88差をつけ、185.56ポイントを優勝した。 フリー1位のYu-Naキム(123.38ポイント)は銅メダルだった。 安藤美姫は、怪我で彼女の不利演技の途中で棄権した。
1位の浅田と4位の中野によって2009年の世界選手権の出場粋3を得ました。
2008–2009シーズン
浅田はGPシリーズフランス杯とNHK杯にエントリー。 フランス杯ではの167.59、Joannie Rochetteの後の12.54、NHK杯では2位の鈴木明子を23.49上回る191.13ポイント優勝。ファイナルへ出場権を得ました。
グランプリファイナルで、ショートでの浅田真央の得点は65.39で、0.56の差で1位のキムYu-Naに次いで2位だったが、フリー123.17ポイントで挽回し、総合優勝した。
総合得点、188.55ポイントを記録を作った。
国際試合で同じプログラムで2つのトリプル・アクセル(単独と2トウループとのコンボ)をものにする初の女性になることによって、浅田真央はフリースケーティングにおいて歴史に作った。
グランプリ決勝の彼女の勝利の後、
全日本選手権でタイトルを防衛した。 彼女のSPに、計画的な3回転フリップ3回転ループの組合せで、セカンドジャンプは1回転ループにランクを下げられた。
彼女は65.20ポイントで中野友加里に次いで2位になった。
浅田真央はFSで6つのトリプルジャンプを跳びました。
しかし、それらの3回転ジャンプは格下げされた。
合計182.45ポイント彼女のフリーで、117.15ポイント。(rotated.と判断された2つのトリプル・アクセルを含む) SPと同じく、フリーで2位となり、なんとか彼女の全日本選手権に3連覇するのに十分な点に達することができた。
世界選手権で、SP66.06ポイント3位発進。 彼女はフリーで盛り返し122.03ポイントを得点したが、188.09ポイントの複合完全なスコアで4位だった。
Worldチーム・トロフィーは、2008–2009シーズンの最後のISUイベントだった。 SPで75.84ポイント(自己ベスト)を得た、そしてフリーでは126.03ポイントで、総合得点201.87(また、自己ベスト)を得て、完全なスコアでこのシーズンを終えた。 日本チームはそのイベントで全体的に3位にだった。
2009–2010シーズン
"GPシリーズは、フランス杯とロシア杯にえんとりーした。フランス杯では、キムYu-Naに36.04ポイント差で2位になっり、不確実なスタートを持ちました。
フリープログラムに2回のトリプルアクセルをも入れたが、彼女もロシア杯は5位。 これらの結果より、ファイナルへ進出できなかった。"
全日本では、4回目の優勝を獲得した。SP69.12ポイント、FS135.50ポイント、合計204.62で2位の 鈴木あきこに8.72ポイント差を付けた。
四大陸選手権、SPではトリプル・アクセルがunderrotating、トリプル・フリップを急に置いて、1.00ポイントのタイミング控除され、57.22ポイントで3位。フリーでは126.74ポイントを得て、鈴木あきこに11.9差をつけ、全体で鈴木明子に10.24ポイント差をつけて183.96の点を得て優勝した。
"2月23日–25アサダは、バンクーバー冬季オリンピック大会に参加した。
2月23日のSPでは、すべての回転とスパイラルシーケンスでレベル4を受けるだけでなく、彼女はトリプル・アクセルダブル+トウ・ループ、トリプル・フリップ、ダブルアクセルを成功させ、73.78ポイントを得点し、2位に。
フリーでは2つのトリプル・アクセルをものにすることに成功した。131.72ポイントを得て、総合205.50ポイントで2位になった。
ショートの1回とフリーの2回、合計1試合で3回のトリプルアクセルを成功させたことで、彼女はギネスWorld Recordに登録された。"
世界選手権では、SPは、長洲未来(USA)に2.32リードされ、68.08ポイントで2位。 彼女の3A+2Tはダブルにランクを下げられたが、トリプル・フリップとダブルアクセルは成功。すべてのスピンとスパイラルシーケンスはレベル4を受けた。 フリーにおいても3A+3Tはダウングレードされたが、トリプル・フリップダブルループ、トリプル・ループ、トリプル・フリップ+ダブルループ+ダブルループ、トリプル・トウ・ループとダブルアクセルを実行し、129.50ポイント(1位キムYu-Naとの差0.99)で、フリーにおいても2位。 しかし、総合得点197.58ポイントで、金メダルを獲得した。
2010–2011
GPシリーズは、NHK杯とフランス杯にエントリー。 NHK杯では、SP47.95ポイントで8位。 3回のジャンプはいずれも失敗。 フリーでは、大部分のジャンプを失敗し、85.45ポイントで8位、総合133.40で8位でした。フランス杯では、SP50.10、フリー97.92で、総合148.02ポイントで7位。
全日本では、193.69ポイントを得点し、1位の安藤美姫に次いで銀メダルを獲得した。
四大陸選手権大会で、SP63.41ポイントフリー132.89ポイントで総合196.30ので金メダルの安藤美姫との差5.04ポイントで、銀メダルを獲得した。
世界選手権では、SP6位フリー7位で合計172.79ポイントで6位だった。
跳ぶ技術とサインの動き
アサダは2006のSkateアメリカpractice.Duringで片手のBiellmann Spinを実行します国際的な場面の上で彼女の最初の2年、アサダは彼女のサインの動き(クロス・グラブBiellmann位置)のために明らかとなりました。 彼女も、競争で片手のBiellmann解釈を行うことで有名です。
12才で彼女の最初のトリプル・アクセル・ジャンプを手に入れられるアサダと彼女は国内試合で3倍のトリプル・トリプル・コンビネーションを行うファーストレディーになりました、3フリップ3ループ-3トウ・ループでした。そして、Atは、ヘルシンキで2004年12月におさえられて、14(2004年のジュニア・グランプリ決勝で彼女のフリー演技プログラムでトリプル・アクセルを手に入れられるアサダ)才ですフィンランド(国際的なイベントで1つをする初の年下の女の子になる)。 彼女は、トリプル・アクセルjumpsで、その後知られていました
2007–2008シーズンから始めて、ジャンプ離着陸テクニックを審査するための基準はより厳しくなりました、そして、アサダは彼女のジャンプを過小回転させるために罰され始めました、そして、優勢の変化のために、口語で「flutz」と呼ばれて、彼女のルッツのエラーはとびます。
アサダはトリプル・トウ・ループに関する問題をとんでもらって、2008年までサルコウ・ジャンプを彼女の息子と上位の職業プログラムに含めませんでした。 トリプルサルコウが彼女がこれまでにものにした最初の三段跳びであった、そして、きれいにそれを着陸させている問題がなかったと、彼女は前に述べました、しかし、アサダが2008年のNHKトロフィーと2008-2009のグランプリFinal.でトリプルサルコウを彼女のフリースケート種目に加えたことが彼女の最も少なく大好きなjumps.の1つであるので、彼女は競争の上昇を使用して快適でありませんでした
通常、特にトリプル・フリップの後、アサダは組合せの彼女の2セカンドジャンプとして、トリプル・ループ・ジャンプを使います。 しかし、彼女は2004–2005期(トリプル・フリップ-トリプル・トウ・ループ)の間に、最初のトリプル・トリプルの組合せの2回目のジャンプとして、トウ・ループをヅリープログラムに加えました。 2007–2008シーズンに再びトリプル・フリップ-トリプル・トウ・ループを行う間、2006–2007シーズンに、彼女はダブルアクセル+トリプルトーループを使いました。
2008–2009シーズンに、最初に2008-2009のグランプリFinal.Atでそれの完全な称賛のためにその同じ競争を得て、彼女が国際競争でトリプル・アクセルダブルトウ・ループの組合せを実行したこと、アサダは、同じprogram.で、2つのトリプル・アクセルを跳ぶ、ただ一人の女性でもある、初の女のスケーターになった試合です。彼女が最も多くのもののためにギネスWorld Recordに3倍にさせるISUの同じ競争の上昇を3つのトリプル・アクセルに手に入れますアクセルが、試合で実行しました
アサダは、彼女の回転を改善するために、タカヒコ・コウズカと並んでトレーニングを信用します。 30から104.に1つのキックを増やして成し遂げることが、彼女ができる回転の数
変化を訓練すること
浅田真央は、当初日本で訓練を受けたが、矢じり湖(カリフォルニア)でラファエルArutunianで訓練を受けるために、2006年8月に米国に立ちました。 そこで、彼女は日本のリンクの過密状態と日本のメディアの圧力を逃れることができました。 2008年のFour Continents選手権大会の前に、彼女はArutunianで割れて、中京大学に新しいオーロラRinkの上に実行に日本に帰国しました、そこで、彼女には氷時間を得ている少しの問題もありません。 coach.なしで、彼女はWorldsへ行って、勝ちました。
2007年夏の間に、Arutunianが彼女の主要なコーチのままの間、アサダはタティアナ・タラーソワからロシアでさらなるトレーニングを受けました。 次の夏、Arutunianを去った後に、アサダはロシアに行きました、そして、正式にTarasova.によって訓練されると決められて、タラーソワの健康問題と彼女の副Jeanetta Folleで名古屋(日本)で大部分は訓練されるアサダによって、彼らの協力は妨げられました; 2010年2月1日には、October.タラーソワのロシアの2009年のカップが2010年のオリンピックでアサダと存在した時から、彼女がタラーソワによってコーチされなかったことを、アサダは示しました、しかし、イベントの後、アサダは彼女の故郷名古屋に本拠地のあるほうを選んで、Tarasova.を扱う方法を分けました
彼女の新任のジャンプ競技コーチが2010年9月のヒロシNagakubo.であると、17人、2010人のアサダが発表した6月に、佐藤信夫はアサダの新任のコーチになりました、そして、アサダはコーチNagakubo.との彼女の関係を終えました
公的生活とendorsementsAsadaはアエロという名前のミニ・プードルを所有します。そして、ネッスルによって作られるチョコレート合成の名をとって、その人は名づけられます。 アサダとアエロは日本のチョコレート・コマーシャルでフィーチャーされました、そして、彼女は展示プログラムで犬も使いました。 2008年に、アサダは2匹の新しい子犬をティアラとKomachi.という名前をつけてもらいました


中国


アサダ真央ビッキー百科は、自由の百科全書は跳んで回ることができて: 誘導して、捜索します
アサダ真央
私的資料
出生する期日の1990年9月25日(1990-09-25) (20歳)
出生地日本愛知県名古屋市
奧は表彰メダルの吹き込みを運びます
銀メダルの2010年のバンクーバー女子シングル
日本語の書き方
日本語原文アサダ真央
変名のあのさのだのまのお
平文式ローマ字のAsada Mao
アサダ真央(1990年9月25日-)は1人の日本花式スケート選手で、愛知県名古屋市に出生します。 アサダ真央は2008年のことと2010年の世界花式でありスケートをする選手権大会金牌買主は、奪は4の大洲花式を得てスケートをする選手権大会と2回の日本花式はスケートをする選手権大会チャンピオンは、2010年のバンクーバー冬季の奧の運会女子シングルスケーティングはスケートする銀メダル買主。
私生活アサダ真央の名前は日本女優大地真央から取ります。 アサダはナゴヤ市立の高さの針小学、ナゴヤ市立の高い針台中を卒業して1の2と中京大付属中北京大学の3の4を学ぶ、差し当たってすると中京大体育学部の学生です。
彼女の姉アサダの舞は同様にある1人の花式スケート選手。
選手生涯アサダ真央を編集することは元来バレーを勉強することで、ただあとあと1995年と姉アサダの舞にいっしょに転じて花式スケートを勉強します。
2002-2003に季を競って、アサダ真央の奪は日本初心者選手権大会の全国チャンピオンを得て、ばっちり求まって全国青年選手権大会に参加することを招いて、第4人ともに取得します。 彼女は同時にまだ全国成年の組選手権大会に参加して、ただただ求まる第7。
あとで2003-2004は季を競って、アサダ真央はまだ初心者と青年段階の選手権大会中に同様の順位を取得して、成年の組選手権大会の人に連なる第8。 彼女はまだその職業生涯の屋敷一項ナショナルゲームのMladost Trophyに参加して、奪がチャンピオンを得ることを並べます。
2004-2005は季を競って、アサダ真央の年は国際青年段階試合の要求に参加することに達します。 彼女は世界青年アイスダンシング賞金付きクイーズゲームに参加して、ともに銀メダル買主の金妍の35.08分の先手を打つ優位性の奪によってチャンピオンを得ます。 在日の青年選手権大会中に、アサダ真央同様の奪はチャンピオンがともに2005年の世界青年アイスダンシング選手権大会に参加する資格を獲得することを得ます。 その年日本青年選手権大会の銀メダル買主は彼女の姉アサダの舞で、アサダの舞はこの前の2年のランキングにみなアサダ真央より高い。
2005年日本花式スケート選手権大会に、彼女の奪は銀メダルを得て、ともに自由の花式プロジェクト締括の3週の準跳りにある、これは継日本アイスダンシング女子選手イトウ緑色のちの再度の締括の3週の準跳りの日本女子選手です、後刻同様に今回の試合中の第2回の締括のこれ動作的に。 ただ彼女がともにこの年度に参加しなかった世界選手権大会は、その年のため最も軽くでまだ規定することに符合しません。 で青年世界選手権大会に、彼女は20.31分の優位性によって金妍の奪がチャンピオンを得ることに戦勝します。
国際スケート連盟の規定のため、アサダ真央の太年越は軽い、日本になることができないことによって2006年の冬季の奧の林に参加して克運動会と匹敵する3人の代表の一つ。 彼女の看板は動作的にすると貝爾曼輪転と阿の克が爾を競うことであり3週は跳んで3週の準跳りだけです。
2006年世界青年アイスダンシング選手権大会に、国際スケート連盟競争青少年の組プロジェクト締括の3週の準跳りの女子選手の5の首位にアサダ真央はなる。
アサダは本当に国際スケート連盟アイスダンシング賞金付きクイーズゲーム日本駅中に終わる、国際スケート連盟評点制度下に世界を打破する総得点の吹き込みの6。 彼女は同様に2007年に自由の花式プロジェクトの世界の吹き込みを打破して、ともに8カ月の之久を維持します。
アサダ真央は以前2006年の国際スケート連盟アイスダンシング賞金付きクイーズゲームの総の勝ち抜き戦のチャンピオンを獲得して、後程2007に銀メダルを獲得します。 2008年国際スケート連盟アイスダンシング賞金付きクイーズゲームの総の勝ち抜き戦に、アサダ真央は短く発揮しなかったことを曲げて最善で表現して、ただ依然として59.04分を獲得する。 しかし彼女は自由の花式に第1人を獲得して、ただ最後の隻の名は連なる第2位。
何個かの礼拝にその後に、アサダ真央は再度日本アイスダンシング選手権大会金牌を得て、ともに4の大洲アイスダンシング選手権大会と2008年の世界アイスダンシング選手権大会に参加することによってすることがでける。 あとあと彼女は最初の参加した4の大洲アイスダンシング選手権大会にチャンピオンを得ます。
2008年3月20日に、アサダ真央は世界アイスダンシング選手権大会の短い歪んだプロジェクトの名の列の第2にある (カロリーの洛琳娜にただ不良です · コスナー(Carolina Kostner)は、64.28分に)、64.10分を獲得する。 あとあと彼女は自由の花式プロジェクトにある名の連なる屋敷の2(ただ不良の于金美の123.38分)は、121.46分を獲得する。 アサダ真央最後は2008年にあり金牌を得ます。
バンクーバー冬季の奧の運会の試合中が金妍と見なされる強敵は、ただし最後の卻に23分金妍を輸送して、ただ第2位に位を占めることを折ることができます。
ただし、アサダ真央はときに2010年同年の営んだ于義大吉デューリングは営む世界花式はスケートする選手権大会は、卻はまた成功的に金妍を打ち破って、チャンピオンを獲得して、同様に両氏両方の勁よりどれだけでも1個の話題を添補充することを譲る。
技術を編集します
アサダ真央の12歳に、すぐなる首位試合中締括不良の1以後が含ませること氷の3週の跳り-後外に3週は跳ぶ-以後外に点を打つ氷の跳りの動作を組み合わせる女子選手の7。
彼女が最も著名である動作は3週の準跳りで、そのうえ固定会は自由の花式のこのプロジェクトに公演します。
2007-2008の年の季を競うことから開始して、動作に飛び掛かる評点に対していっそう厳格で、理由にはアサダ真央手伝い人の跳りのあれらの失策の辺の動作に対して不利の8があります。
アサダ真央は2010の冬の奧の頒布の賞式典にあります。 アサダ真央の後外は氷の跳りが不順な暢を並べることを点けて、そのうえ同様に動作的にこの演出后内に跳ばなかった。 たださらに最近では、彼女は彼女が自由の花式表公演以後外に氷の跳りを点けることができることを証明して、ともに2007年の-2008年は季中の組み合わせの動作の一つを競います。とします アサダ真央は平常で動作を組み合わせる第2個に動作的に演出以後外に氷の跳りを点けることができるので、彼女は同様に少数何人でもが後外に氷の跳りの第2個の動作とみなす女子選手を点けることをすることが可能なことです。
アサダ真央を訓練することを編集することは元来在日であり進行的に訓練で、ただあとあと2006年8月にアメリカカリフォルニアの州へ行くことは進行的に訓練します。 こちらに彼女は同様に押し合ったアイスリンクと日本メディアの圧力を遠く離れることができる。 アサダ真央は2007年夏季にロシアへ行って、ジョイニングは塔姫雅の娜を受けます · 塔は索娃(Татьяна Анатольевна Тарасова)の指導を引きます。
2008年の四大洲花式スケート選手権大会にその前でアサダ真央は帰着する中京大は進行的に訓練する。 ただ彼女は2008年の世錦に競ってともに9を同伴することを訓練しませんでした。 2010年の冬に奥深い後は、アサダ真央は大幅な修正した決定をすることに自分で飛び掛かること;在日のコーチ長久保配下に対して3カ月以後を訓練して正式に日本花式とスケートをする十年の覇は、日本花式に現任のことはスケートをして司教の練佐藤信夫は契約して、佐藤門下生に進行的に訓練する。 アサダ当今は主に地点を訓練することは中京大のスケートリンクです。



ロシア語


スポーツの成果
MISシステム上で最良の結果
(国際的なアマチュア競技では)
合計:205.50
ショート:75.84
ランダム:133.13
最終更新カード:25/02/2010

2010年バンクーバー銀メダリスト
個人zhiznMao
浅田は名古屋市、愛知県で生まれました。それは日本の有名な女優真央大地の名にちなんで名付けられた。最初に、真央は学校名古屋インターナショナルスクールに通った。しかし、最初のクラスは卒業し、Takabari小学校を上に移動し、後で高校Takabaridai中学校。2009年3月15日彼女は高校中京高校から卒業証書を受け取った。その後、彼女の後に彼女の故郷にある中京大学を、入力する。
真央の姉 - 舞浅田 - も良いスケーター。 2006年四大陸選手権で彼女は6位を取った。現在のところ、唯一のアイスショーで動作します。
浅田真央(Jap.浅田真央浅田真央、名古屋で1990年9月25日生まれ?) - 日本のフィギュアスケーター、シングル。それは2010年の冬季オリンピックの銀メダリストであり、二度の世界チャンピオン(2008、2010)、二時間四大陸チャンピオン(2008、2010)、グランプリファイナルの2度の優勝(2005、2008)、世界ジュニアチャンピオン(2005)、4度のチャンピオン日本(2006〜2009年)。
キャリア
Maoアサド、幼い頃から姉のようなバレエ学んだ。教師は、彼らが足首を強化するためのフィギュアスケートを行うことをお勧め。[6]そして、女の子はスケートで浮かれる。
2002-2003のシーズンでは、浅田真央は、初心者のための全国チャンピオンを獲得し、彼らが4位に日本、のジュニア選手権に招待を受けています。彼女はまた彼女が第七になった大人のチャンピオン、上で実行。
大人は8位だったしながら、次のシーズンは、アサドは、小学校と中学校選手権で彼の功績を繰り返した。 Mladostトロフィー - - また、彼女は彼女の初の国際大会で行い、それを獲得した。
シーズン真央はジュニアの国際大会でのみ作用することができること季節2004 - 2005V [編集]を。彼女はグランプリチャンピオンシップに出場。彼らのステージの両方で優勝した後、彼女はまた、さらに2位のキムA.以上35.08点で最終的な優位性を獲得し、毛沢東は日本のジュニア選手権で優勝し、世界ジュニア選手権でチームに落ちた。今年は真央が先に前の2年間の場合、彼女の姉、舞だったこと全国ジュニア選手権の銀メダル。
アサドは、彼女が第2位になった日本、成人の選手権に招待されました。現時点では大人の世界選手権には、まだ成熟していないので、そこを取得できませんでした。真央は銀メダリストのキムA.上の20.31点の大差で2005年の世界ジュニア選手権で優勝
ジュニアレベルのすべての2006Vyigravシーズン2005は、浅田真央は成人に移動。しかし、それは2005年7月1日現在、許可されていない2006年のオリンピックで、彼女はまだ15歳でした。
大人のグランプリに彼女の最初のステップは、トーナメント«中国杯»いました。そこに彼女は先に、将来のオリンピックチャンピオン荒川雫のちょうど3点で銀メダルを獲得した。また、彼女は彼女の次のステップを受賞« Trophéeエリックボンパール» 2位のサーシャコーエン以上7.30ポイントの利点がある - 2006年の冬季オリンピックの銀メダルの未来。ゴールドパリの勲章と北京で銀、毛沢東は最後のグランプリでヒット保証。 2006年に将来のオリンピック銅メダリスト - 彼女はイリーナスルツカヤ以上8.14ポイント差で優勝を達成した。
日本のチャンピオン浅田真央に村主章​​枝に続く、第二位を獲得した。コンテストで彼女はフリープログラムの2つのトリプルアクセルをした史上最初の女性になった。トリノオリンピックでは、毛沢東があまりにも若い年齢から取得していない。最後のジュニアグランプリの勝者 - 世界ジュニア選手権で、彼女はチャンピオンを提供したところ、彼女は金と戦わなければならなかった。浅田は、先に銅メダリストのクリスティーンZukovskyの18.21で24.19点、金を失うこと、第二位を獲得した。彼女は、MIS の主催の下開催された最初の女性、ショートプログラムの選手権でトリプルアクセル、そこになりました。
シーズン2006はまた、成人のレベルに切り替え、キムと2007Sezonの抗争で始まっている。その最初の段階で«スケートアメリカ»真央は安藤美姫キミーマイズナーに敗れ、銅メダルを獲得したと。彼女はショートプログラムを獲得したが、いずれにも最後の171.23点で4位のみランク。勝つために、彼女は21.36点を持っていなかった。毛沢東は、次のステップ« NHK杯»先行村主章枝の20.21点で199.52の合計を、勝った。このイベントで、彼女は新しいISU判定システムの2つのプログラムの合計のための世界記録を設定する。この後、真央は彼女は昨年の勝者彼のタイトルを守るために持っていた最後のグランプリに来た。彼女は、11.68で172.52点とし、金の後ろに2位を獲得。 、それだけで4位を取った«スケートアメリカ»のように、任意で、ショートプログラムを獲得した。
シーズン2008 2009Maoアサドがグランプリの2つのフェーズで宣言されている:« Trophéeエリックボンパール»と« NHK杯»。最初に、真央は167.59で2位を獲得し、ジョアンロシェット12.54ポイントを得た。彼女は前に鈴木明子の23.49に、191.13ポイントの合計で次の段階に勝った。勝利のおかげで、彼女は最後のグランプリに入った。
浅田は、任意の真央はキムA.背後に65.39ポイント、または0.56を獲得、ショートプログラム最後のグランプリで二番目にあった123.17であり、段階を獲得しただけでなく、188.55の合計と全体としての最終的なポイント。それから彼女はダブルコートとカスケード接続でそのうちの1つは競争の2つのトリプルアクセルを、やって、フィギュアスケートの歴史に入りました。
その後、毛沢東は日本のチャンピオンシップでタイトルを防衛する必要がありました。シングルrittbergeraへ - "トリプルrittbergerトリプルフリップ"ショートプログラムでの彼女の第2ジャンプがのカスケード接続に減少した。このエラーのため真央65.20点であり、背後にある第二位中野友加里を取った。彼女は、任意の6つのトリプルジャンプを行い、それらのうち3つの推定値は、裁判官がnedokruchennymiを感じた2つのトリプルアクスル、を含む、減少している。彼女は合計で117.15と182.45の任意のスコアで育った。両方のプログラムで第二位をとった後、毛沢東は、しかし、国民選手権に勝った。
四大陸選手権では、バンクーバー、カナダで開催された、浅田真央がチャンピオンとして機能するために行きました。しかし、ショートプログラムで、彼女は57.86点を獲得し、唯一の第六になりました。金では、この段階でのリードは、それは72.24だった。アサドは118.66ポイントの合計でそれを獲得、フリースケートで復活。毛沢東の完全なトリプルアクセル、最初のは、シングルに削減​​されていますが、次は成功している、8.80点に、それをもたらす。 " - 二重rittberger - ダブルrittbergerトリプルフリップ"と彼女はまた、カスケード実行"トリプルフリップ - ダブルrittbergerを"彼女のトリプルトウループがダブルにダウングレードが、彼女はいつも使ってプログラムを終了しました:ダブルアクセル、スパイラル、スピンとステップシークエンス。その結果、毛沢​​東は金とジョアンニーロの後ろに3位。
世界選手権真央でショートプログラムの後、彼女は122.03ポイントの合計で4位をとることで対処していない任意で10.06与える金Aに、66.06点を獲得、サードだった。真央は188.09点で、最終の4位を取り、19.62勝者キムA.を失う
シーズン最後の大会は世界の最初のチームの優勝となった。ショートプログラムで、真央は最高の個人的な達成度を設定し、75.84ポイント上昇、女性間の競争を主導した。さらにもう一つの個人的な成果 - それは126.03点を獲得し、201.87、合計で優勝、鉛で、任意のだった。日本のチームは、米国およびカナダに敗れ、トーナメントで3位。
アサド、トーナメントに« Trophéeエリックボンパール» 2009年のシーズン2009 - 2010Mao、次のグランプリで発表された。。« Trophéeエリックボンパール»と«ロステレコムカップ»。彼女は彼の2​​番目のフェーズでは金Aから36.04の遅れを持つ最初の段階で"銀"を受賞、悪いシーズンを始めた、それはフリースケートで、5位にだけ2つのトリプルジャンプを管理していました。このため、毛沢東は最後のグランプリに取得していない。
日本でのチャンピオンシップでは、プログラムの両方のタイプの第一号だった。一言で言えば真央は、69.12を得、そして任意の135.50ポイント。彼女は前に8.72点で、銀メダリストの鈴木明子の、204.62の合計を獲得した。
四大陸ショートプログラムで優勝真央は57.22点、nedokrutivトリプルアクセル、トリプルフリップを得て、1.00ポイントで、時間にペナルティを得るオフ引き裂いた。その後、彼女は、任意の126.74ポイント、先に鈴木明子の11.9で優勝。真央は183.96の合計を獲得し、金メダルを獲得した。鈴木明子は10.24点で得点し、秒未満でした。
February 23-25​​、浅田真央はバンクーバーで冬季オリンピックで実施。ショートプログラムでは、彼女は"トリプルアクセル - ダブルトウループ、"のカスケード接続が完了トリプルフリップ、ダブルアクセルを、そしてまたあなたのスパイラルと回転のすべてのための第4レベルを受けています。真央は73.78点を獲得し、競争のこの段階で二番目にあった。任意のプログラムでは、それが成功した2つのトリプルアクスルを完了したが、他のジャンプでミスをしている。は、131.72ポイントを受け取った、彼女は合計で銀メダルを獲得205.50。 ONE大会の3つのトリプルアクセルの実行中に、彼女の名前は、ギネスブックに入力されました。
世界選手権でナガセの背後にある世界から68.08ポイントまたは2.32を獲得し、唯一のショートプログラムの毛沢東の実行に二番目にあった。フリープログラムの二重羊のカスケードに彼女によって実行されるトリプルアクセルを二重に格下げされているが、他の要素が完璧に実行されていました。真央が再びその結果0.99キムA.を失う、129.50ポイントの合計と第2位になった、彼女は197.58点を獲得し、彼のキャリアの中で二回目は、世界チャンピオンになった。
[編集]今シーズンは浅田真央で宣言されたシーズン2010 - 2011V « NHK杯»と« Trophéeエリックボンパール»。最初のトーナメントで彼女が47.95点を獲得、ショートプログラムの後に第八だった。彼女は両方のプログラムのほとんどすべてのジャンプでミスを犯し、任意でのみ85.45ポイント上昇した。その結果、真央は133.40の合計で8位を取った。次の大会で、彼女は50.10点を獲得、ショートプログラムで第七であり、5番目のいずれかの評価で97.92と。その結果、真央は148.02点で5位を取り、額は、最終的なグランプリに含まれていませんでした。
日本でのチャンピオンシップでは、193.69の合計スコアで銀メダルを獲得、最後に獲得した、ショートプログラムと任意の秒後に第一号だった。
クロスグリップ付きbilmanom - ホッピング技術と国際舞台浅田真央の最初の二年間dvizheniyaV特徴は、彼の"ブランド"の要素のために有名になった。彼女はまた片手で彼の足を維持するのbilmanaの性能を知られています。
12時、毛沢東は彼の最初のトリプルアクセルに会った。 " - トリプルrittberger - トリプルトーループ。トリプルフリップ"14年間では、毛沢東が正常に開催された、ジュニアグランプリの最後の一連のフリースケートでトリプルアクセルを完了している彼女は全米選手権で3つのトリプルジャンプのカスケードを行う最初の女性だった、それがあったヘルシンキ、フィン​​ランドの首都12月2004インチ彼女は国際大会でジャンプを実施して以来、トリプルアクセルの安定したパフォーマンスで知られている最初のジュニア、となりました。
2007-2008シーズンは、評価基準を開始し、着陸のジャンプがより厳格になると始まる。したがって、裁判官はルッツ、と呼ばれる会話の端のnedokrutyエラーや変更のために毛を清澄始めた"flutts。"を
真央はトリプルトウループの実行に問題があり、2008年までにそれらのプログラムのサルコウに含まれていません。以前、彼女はそれがサルコウと主張 - 最初は、彼女のトリプルジャンプを学び、彼女は純粋な性能には問題はありませんが、それは彼女がジャンプを愛した最低だから真央トリプルサルコウが上で実行、任意のプログラムに追加された不快なそれを使用するプログラムで« NHK杯»と2008-2009シーズンのグランプリファイナルで。
通常、毛沢東は、特にトリプルフリップの後、第2ジャンプの段階として、トリプルトーループを使用しています。初めて彼女が04〜05シーズンでステージを行う。しかし、再び以前のカスケード接続に返される次のシーズン - 2006-2007年、彼女は"トリプルトーループ、ダブルアクセル"を披露。
2008-2009シーズンでは真央はカスケード、行った。 - 最初のグランプリの決勝戦で申し分なく実行された"トリプルアクセルダブルトウループを、"同大会では、彼女一競争上の2つのトリプルアクセルのprygnuvshey、最初の女性になった。また、正常にISUの主催の下開催されたONE大会、中に3つのトリプルアクセルを行う唯一の女性です。単一の競争によって行われるほとんどのトリプルアクセルでは、彼女の名前は、ギネスブックに記載されています。
コー​​チの変更
浅田真央は、もともと日本では訓練が、2006年8月にレイクアローヘッド、カリフォルニア州のラファエルArutyunyanで訓練するため米国を去った。彼女は混雑スケートだけでなく、圧力、日本のメディアを回避することがあった2008年毛沢東の四大陸選手権が突然Harutyunyanと別れたと日本に戻った前、彼女はオーロラのスケートリンクで練習し始めた - 。。彼の新しいのリンクを将来の大学 - 無制限の時間制限を持っていた。次に、彼女はワールドカップに行って、それを獲得した。
2007年の夏に、真央は一度、Harutyunyanは、その主要なトレーナー残ったとして。次の夏、ラファエルで解体した後、彼女は再び彼は正式に新監督がなることを発表したロシア、に行って、タチアナタラソワとロシアの余分なレッスンを取ったタラソワ。。また、毛沢東は名古屋でトレーニングを続け、たまにしかモスクワに来ました。タラソフはまた、時折日本のアスリートが訪れ、最も重要な開始に彼女を同行アサドと日本での継続は、助手タラソワだった - 。ジョーンのVoll この協力は、数多くの議論につながった - 。それがどれほど効果的な、真央はメンターとたまにしか見られている場合。
2010年のワールドカップの後、タチアナタラソワと浅田真央のコーチと生徒としての関係を締結する意思決定に来ました。
2010年6月17日毛沢東は、その新監督がひろし長久保をジャンプすることを発表した。
長久保の関係が切断されたとのその年の9月、新監督に、浅田真央は、信夫佐藤なった。


文中の「毛沢東」とは、「浅田真央」の誤訳とみられます。
その他は概ね、正しい内容、好意的な内容と思われます。


おまたせしました。
いよいよ韓国です。
怒らず、冷静に読んでください。
あえて、google翻訳をそのまんま掲載します。


餓死だ巻きます(日本語: □田 □央 (あさだ まお), 1990年 9月 25日 ~ )は日本の女フィギュアスケーティング選手だ. 2010年バンクーバー冬季オリンピック銀メダリストであり, 2008年と 2010年世界選手権, 2008年と 2010年 4大陸選手権, 2005年と 2008年グランプリファイナル優勝者だ.
基本情報生年月である: 1990年 9月 25日(1990-09-25) (20歳)
出生地: 日本愛知現名古屋市
家族: ご両親, お姉さん(餓死だマイ)
学歴: ズキョ大学体育学部在学中
世界ランキング: 6位(2010年 12月基準)
所属社: IMG
スポンサー: イトヘム, ウィドインゼルリ, ネピア, オムロン, オリンパス, アジエンス, 佐藤制約, ユナイテッド航空, ロッテ
コーチ: 佐藤Nobuo
振付師: ローリニコル, タティアやタラソバ
訓練場所: ズキョ大学オーロラリンク
ISU 公認個人最高記録
ショートプログラム: 75.84 (2009 世界チームトロフィー - 日本東京)
フリースケーティング: 133.13 (2007 世界選手権 - 日本東京)
総点: 205.50 (2010 冬期オリンピック - カナダバンクーバー)
生涯餓死だマオは日本愛知現名古屋で生まれた. マオは日本の女俳優Daichiではないです(大地□央)から名をつけた. (彼女のお父さんがDaichiマオのファンだったと言う.) マオは名古屋国際学校に 1年生中盤まで通った. 以後名古屋市立タカ駄小学校で編入して卒業したし, 出ると市立タカ駄多異中学校を卒業した.2009年 3月 15日にズキョ大学ズキョ高等学校を卒業した.その後ズキョ大学に在学している.
マオのお姉さん餓死だマイもフィギュアスケーティング選手で 2006年サデリュック選手権で 6位を占めた. 現在餓死だマイは競技に参加してはいなくてアイスショーでばかり活動している.
経歴
2004-05 シーズン, ジュニアグランプリファイナルとジュニア世界選手権で優勝した.
2005-06 シーズン, 日本で開かれたグランプリファイナルで優勝. 2006年 3月にはジュニア世界選手権に参加してギムヨンアに引き続き 2位を占めた.
2006-07 シーズン, スケートアメリカで 3位, NHK トロフィー大会で 1位, グランプリファイナルでは 2位にとどまった. 2007年 3月に開かれた 2007 世界選手権で 2位にとどまった.
2007-08シーズン, スケートカナダ, トロフィーエリックボングパルで優勝したし, グランプリファイナルでは 2006-2007シーズンに引き続き 2年連続銀メダルにとどまった. 2008 4大陸選手権と 2008 世界選手権で総合 1位を占めた.
2008-09シーズン, グランプリエリックボングパル 2位, NHK トロフィー 1位, 大韓民国高陽市で開催されたグランプリファイナルで優勝を占めた. 翌年の 2009年カナダバンクーバーで開かれた 4大陸選手権大会では 3位に入賞した. 2009年アメリカロサンゼルスで開催された 2009年世界フィギュアスケーティング選手権大会では 4位にとどまった. これは餓死多義国際舞台デビュー以後初めてメダルを逃したのだった. この大会でギムヨンアが優勝した.
2009-2010 シーズン, グランプリエリックボングパルで 2位, グランプリロステレコムコップでのフリースケーティングでシニアデビュー以後個人最低点数を記録しながら総合 5位にとどまって グランプリフィギュアスケーティングファイナルに進出することができなかった. しかし 2010年大韓民国全州で開催された 4大陸選手権大会では 2009-2010 シーズン初めて国際大会で優勝して, 2年ぶりにサデリュック選手権チャンピオン席を奪還, 日本選手としては初めて国際大会 10回優勝(ジュニア大会除外)を果たした. 2010年 2月カナダバンクーバーで開催された冬季オリンピックではギムヨンアに引き続き銀メダル, イタリアトリノで開催された 2010年世界選手権では金メダルを獲得しながら日本選手としては最初で世界選手権大会 2回優勝記録を果たした.
2010-2011 シーズン, グランプリ NHK トロフィーでは自分のジュニア, シニアをひっくるめて一番低い順位である 8位を記録した. これは去年に記録した個人最低点数をもう一度更新する低い点数と順位だった. グランプリエリックボングパルでもやっぱり二番目で低い個人最低点数を記録して 5位にとどまった. こういうわけでアサダは去年に引き続き再びグランプリフィギュアスケーティングファイナルに出場することができなくなった. 以後 4大陸選手権大会に出場して渡米しないaから引き続き 2位を占めたし, 前日本船授権大会でも 2位をした. ところが 2011年世界選手権でショートプログラム 7位, フリースケーティング 6位を占めて総合成績を 6ウィロウル締め切った.
コーチビョンギョングオリン時代 ~ 2005-2006 シーズン: 山田まるでして
2006-2007 シーズン ~ 2007-2008 シーズングランプリファイナル: ラファエルア、ムルトゥーニーの中
2007-2008 シーズンサデリュック選手権, 世界選手権: コーチなし.
2008-2009 シーズン ~ 2009-2010 シーズン: タティアやタラソバ
2010-2011 シーズン ~ : 佐藤Nobuo
スケーティング技術
餓死だマオは 12歳に初めてトリプルアクセルジャンプを走ったし, 自国大会で女選手では初めてトリプル-トリプル-トリプル(トリプルフリップ-トリプルル-ム-トリプルトル-ム) コンビネーションジャンプを走った.14歳には 2004年フィンランドヘルシンキで開かれた 2004-2005年ジュニアグランプリファイナルのフリースケーティングプログラムで国際大会でジュニア女選手としては初めてトリプルアクセルジャンプを走った. 以後で餓死だマオはトリプルアクセルで顔が売れた。
2007-2008年シーズンが始まりながらジャンプの跳躍と着地技術に対する基準が厳格になったし, 餓死だマオはロツジャンプから誤った跳躍で 'ロングエッジ(Wrong edge, 日の方向が過ち)判定を受け始めた. 2008-2009 シーズンには二度の大会(2008 グランプリトロフィーエリックボングパル大会, 2009年世界フィギュアスケーティング選手権大会)でエッジ注意判定を受けた. 2009-2010 シーズンにはプログラムにロツゾムプを試みなかった.
2004年のジュニア時代に 3回戦肉してジャンプを 2回戦で処理した後に試みなかったが, 2008年に NHK トロフィーと 2008 グランプリファイナルで 3回戦肉してジャンプを成功させた.餓死だマオは '肉してジャンプは初めて走ったトリプルジャンプだったし着地には問題がないが, 好むジャンプではない'と言及した事がある. 2009年前日本船授権大会以後にはまたトリプルサルコを構成に入れなかった.
普通餓死だマオは回転数に問題があるトリプルフリップ-トリプルル-ムコンビネーションジャンプをしかし 2006-2007年シーズンにはダブルアクセル-トリプル土ジャンプをしたし, 2007-2008年シーズンにはトリプルフリップ-トリプルトル-ムをした. 2009-2010 シーズンには 3回戦+3回戦コンビネーションジャンプをしなかった.
2008-2009年シーズングランプリファイナル大会でトリプルアクセル-ダブルトル-ムジャンプを成功させた.. 同じ大会で一つのプログラムで 2個のトリプルアクセルを走った最初の女選手になった.[18]
2010 オリンピック女フィギュアスケーティング大会で一大会で 3個のトリプルアクセルを着地した唯一の女選手で, ギネスブックに登載された.しかしフリースケーティングでのトリプルアクセルに対する回転数が不足だという論難が申し立てられたりした.
餓死だマオは 2010-2011 シーズンから 6種のトリプルジャンプ(トル-ム, 肉して, ル-ム, フリップ, ロツ, アクセル)を皆使ってフリープログラムを構成した.
2009-2010 シーズンにはプログラム構成に含ませなかったロツジャンプを次シーズンイン 2010-2011 シーズンにまた構成に含ませたが, 相変らず誤った跳躍によって減点を受けている.
2010-2011 シーズンから改定されたルールによって女選手たちもショートプログラムでダブルアクセルジャンプをトリプルアクセルジャンプで取り替えることができるようになった. ルール改訂に対して餓死だマオに非常に有利な位置に立つようになるはずだという予想があったがいざアサダはショートプログラムで単独トリプルアクセルジャンプをつけたした順番も成功させることができなかった. 現在, 彼女の 2010-2011 シーズン公式大会でのトリプルアクセルジャンプ成功はただ 1番(回)だけだ.




いかがでしたか?
そのほか、イタリア語、フランス語などは概ね和やかな内容でした。

拍手[17回]

この記事へのコメント

Name
Title
Mail(非公開)
URL
Color
Comment
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Pass   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

カウンター

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

モバイル「あにき日記」

ブログ内検索

最新コメント

プロフィール

HN:
あき
HP:
性別:
男性
職業:
アパレル系
趣味:
音楽鑑賞

忍者アド


忍者アド

忍者アナライズ

my favorite figure skating


AmazonStore
by amanatu

ブログ村リンク


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 兄弟・姉妹・親戚(家族)へ
にほんブログ村

今日のまろん


glico


グリコネットショップ

glico & FIJI Water


glico "Hesperidin"αGヘスペリジン

FIJI Water
ミネラルウォーター 通販 水

Yoroshikarou


アクセス解析

Copyright ©  -- あにき日記 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS /  /