あにき日記

フィギュアスケート好きのあにきの日記

HOME • Admin • Write • Comment
村上佳菜子選手と、カロリーナ・コストナーさんのSP観てきました。
村上選手は最後のジャンプが1回転半になってたのかな?
元気いっぱいの良い演技。課題のフリーでがんばれ。
今季、コストナー選手はジャンプが安定してると感じる。
妙なジャンプのDGが緩和され、安心してジャンプできてるのかな。
そんな様子を見るたびに、昨季までのルールを憎く思う。
浅田選手だけではなく、安藤選手、コストナー選手など、
ジャンプDG、ロングエッジ、GOEのマイナスにどれだけ苦しめられたことだろう。
たとえ、ジャッジ買収説が単なる噂だったとしても、
ロングエッジを獲られたことに憤慨し、選手とコーチを含めたバックがISUサイド及びジャッジに、安藤選手のジャンプの映像まで比較対象として提示し、しつこく圧力を掛けるなど、「言ったもの勝ち」の戦法をもって、他の選手たちをひどく貶めたことを、今でも、許すことはできないし、二度とないことを切に願う。

アマチュアスポーツとはいえ、フィギュアスケートなど個人競技には
殊の外、お金が掛かる。
そのため、スポンサーやプロダクション企業とは切っても切れない関係にならざるを得ない。
オフシーズンには、資金集めをも選手の役割になる。
国の経済状況が、選手たちの能力向上に、少なからずも影響がある。

特に、経済の躍進渦中の国は、その広告塔にスポーツ選手を掲げるなどの、経済効果を見越したスポーツ振興が、国家的戦略的に行われる。
すなわち、経済成長とともにスポーツ振興も盛んになるということだ。
逆に、経済の衰退はスポーツの振興にも影を落とす。
アジアの躍進が、ヨーロッパの衰退を呼ぶ。
ヨーロッパの力が弱まる時、世界は大恐慌に押し流される。
かつてのフィギュア王国も、その名を割拠し続けることは困難だった。
また、昨季のバンクーバー五輪の浅田選手の銀メダルの影に、日本の深刻な不況や円高があったことは、まだ、記憶に新しい出来事だ。

経済とスポーツは切っても切れない関係だからこそ、
一定の距離を置いて、共存していくことが大事だ。
スポーツだけは、正々堂々清らかな精神であってほしい。
それが日本人のスポーツに対する信念だ。

汚れたスポーツをする国は、すなわち自らの裏黒い半身を世界中にさらけ出しているということ。
「どんな勝ち方でも、勝ちは勝ち」=「どんな儲け方でも、儲けは設け」
そんな浅はかな考えは、いずれ自らを滅ぼすことになる。
経済でも、スポーツにおいても、発展途上である時こそ、自らを省みることが肝要だ。

なんの話だっけ。
なんだか、あつーく語り過ぎて、めまいがする。(^_^;)
おやすみなさい。

拍手[0回]

この記事へのコメント

Name
Title
Mail(非公開)
URL
Color
Comment
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Pass   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

カウンター

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

モバイル「あにき日記」

ブログ内検索

プロフィール

HN:
あき
HP:
性別:
男性
職業:
アパレル系
趣味:
音楽鑑賞

忍者アド


忍者アド

忍者アナライズ

my favorite figure skating


AmazonStore
by amanatu

ブログ村リンク


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 兄弟・姉妹・親戚(家族)へ
にほんブログ村

今日のまろん


glico


グリコネットショップ

glico & FIJI Water


glico "Hesperidin"αGヘスペリジン

FIJI Water
ミネラルウォーター 通販 水

Yoroshikarou


アクセス解析

Copyright ©  -- あにき日記 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS /  /