あにき日記

フィギュアスケート好きのあにきの日記

HOME • Admin • Write • Comment
1988年といえば、カルガリーオリンピック

このオリンピックは、現在のフィギュアスケート界に大いに影響を与えている人物が選手としてエントリーしている。
他の、オリンピックももちろんそうだが。
フィギュアスケート、特にペア競技のおいて、
当時、まだソビエト連邦だった、ロシアの驚異的な実力を見せつけられた大会となった。
しかし、ロシアペアによる表彰台の独占を許さなかったのが、ジル・ワトソン&ピーター・オペガードのアメリカペアだった。

1位 エカテリーナ・ゴルデーワ & セルゲイ・グリンコフ ソビエト連邦 順位点1.4(SP1 FS1)
2位 エレーナ・ワロワ & オレグ・ワシリエフ ソビエト連邦 順位点2.8(SP2 FS2)
3位 ジル・ワトソン & ピーター・オペガード アメリカ合衆国 順位点4.2(SP3 FS3)
4位 ラリサ・セレズネワ & オレグ・マカロフ ソビエト連邦 順位点6.4(SP6 FS4)
5位 ジリアン・ワックスマン & トッド・ワゴナー アメリカ合衆国 順位点6.6(SP4 FS5)
6位 デニス・ベニング & リンドン・ジョンストン カナダ 順位点9(SP5 FS7)
7位 ペギー・シュヴァルツ & アレクサンダー・ケーニッヒ 東ドイツ 順位点10.4(SP11 FS6)
8位 クリスティン・ハフ & ダグ・ラドレ カナダ 順位点11.2(SP8 FS8)
9位 イザベル・ブラスール & ロイド・アイスラー カナダ 順位点11.8(SP7 FS9)

聞き覚えのある名前が、早速出てきた。
ここでは、1位のゴルデーワ&グリンコフ組のSP演技と
3位のワトソン&オペガード組の演技を見比べてもらおうと思う。

SP終了後の二人の顔には笑みが。
演技は満足いくものだったと推測する。
会場を揺るがすほどの拍手喝さい。
しかし、点数は思うほど伸びなかった様子。


一方、セルゲイ・グリンコフ&エカテリーナ・ゴルデーワ(ソビエトペア)も完璧に近い演技を見せるが、演技後、二人の顔に笑みはない。
前のペアの点数を大きくリードする高得点をマークするも
満足した様子がない。



次に順位を決めるFSを見比べてみる。

前半、大きなミスなく、中盤を迎えるワトソン&オペガード組みだったが
スロージャンプで、ワトソンが転倒した後、
このペアの独特な魅力であるサイドバイサイドジャンプが、
ことごとく決まらず、後半にかけて演技が大きく乱れる。



ワトソン&オペガードが24歳、28歳の円熟ペアに対し、
ゴルデーワ&グリンコフは、16歳と20歳の若手ペア
細かいミスは目につくものの、一つ一つの演技要素は、
他のペアに比べて、圧倒的に高難度で、
他ペアの追随を許さず、金メダルを獲得する。





実力が互角とは言い難い。
アメリカペアは健闘したと思う。

ペア演技の魅力を考えた時、
「女性は絵であり、男性はキャンパス」とした日本のアイスダンス、リード組の言葉を思い出す。
昨今大活躍の中国ペアの演技においても、女性の存在感が圧倒的に大きいのに対して、ゴルデーワ&グリンコフ組には、男性にも魅力があったと思える。技術はもとより、容姿、表現力共に、他のペアには見られないほどの魅力があったのだ。
だから、僕は、このペアの演技に惹かれてしまったのかもしれない。

「真央ちゃんと比べないで」と荒川静香さんが言ったらしいんだけど、
オペガード氏も、「グリンコフ氏とは比べないで」と言いたかったかもしれないが。言い方は変かもしれないが、現役時代にはロシアに黒星を付けられたままのオペガード氏は、引退後、ペアのコーチとしてたくさんの選手を育てた。井上玲奈さんのペアもその一つだ。
しかしながら、ご存じのとおり、その後のオリンピックにおいて、アメリカのペアはあと一つのところで表彰台を逃している。
そういう意味でオペガード氏は、今のところ、アメリカペア、最後の五輪表彰台ということになる。
アメリカのフィギュアスケート殿堂入りは当然の功績だった。
あの黒星はソチで返すつもりなのだろうか?

今現在、シングルの選手、キム・ヨナに対して指導を行っているとのことだが、投げるのと持ち上げるのが専門のペアの男子だった方が、シングルの女子にどんな指導をするのかは、よくわからない。

まあそれはおいといて、1988年カルガリーオリンピックのメダリストをもう一度整理すると
男子の銀メダリストはブライアン・オーサー(カナダ)
女子の金メダリストはカタリーナ・ビット(当時東独)

どちらもキム・ヨナ選手が、敵に回した、
あるいはこれから敵に回す予定の人物だ。
ご存じのとおり、ミュンヘンに冬季五輪を招致したいドイツの顔、カタリーナ・ビットと平昌に招致したい韓国の顔、キム・ヨナのガチの叩きあいが始まる。
よくよく、1988年カルガリーオリンピックに縁のある人だな。
ペアの銅メダリスト、オペガード氏のことは、いつ、どのような形で裏切り、敵に回すつもりだろうか?




最後にお口直しに、僕が大ファンになったゴルデーワ&グリンコフペアの軌跡をご覧ください。









拍手[18回]

この記事へのコメント

Name
Title
Mail(非公開)
URL
Color
Comment
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Pass   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

ひとつだけ追記

最後の動画には、
タチアナ・タラソワ氏も写っている。
とても、悲しい日に。
  • by ANIKI
  • 2011/02/27(Sun)19:06
  • Edit

無題

香川県ルーちゃん餃子のフジフーヅはバイトにパワハラの末指切断の大けがを負わせた犯罪企業
  • by 名無しのリーク
  • 2017/04/22(Sat)04:12
  • Edit

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

カウンター

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

モバイル「あにき日記」

ブログ内検索

最新コメント

プロフィール

HN:
あき
HP:
性別:
男性
職業:
アパレル系
趣味:
音楽鑑賞

忍者アド


忍者アド

忍者アナライズ

my favorite figure skating


AmazonStore
by amanatu

ブログ村リンク


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 兄弟・姉妹・親戚(家族)へ
にほんブログ村

今日のまろん


glico


グリコネットショップ

glico & FIJI Water


glico "Hesperidin"αGヘスペリジン

FIJI Water
ミネラルウォーター 通販 水

Yoroshikarou


アクセス解析

Copyright ©  -- あにき日記 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS /  /